産後ダイエット方法 オススメの運動と、より効果的に行うポイントはコレ!

スポンサーリンク

出産後は、体重が妊娠前の体重より増えてしまったり、出産前の体型と変わってしまったことが気になり、ダイエットするママが多いです。

しかし、出産後は子宮がまだ回復していないことから、出産後すぐの運動は厳禁です。

 

早くダイエットしないと、と焦る気持ちは良く分かります。

ですが、どうせダイエットするなら、身体に無理なく効果的に行った方が良いと思いませんか?

 

そこで、今回は、産後ダイエット方法 オススメの運動と、より効果的に行うポイントはコレ!について書きたいと思います。

では、さっそく行きましょう。

スポンサーリンク

産後ダイエットはいつから始めて良い?

より効果的に産後ダイエットを行うには、ダイエットを始める時期も大切です。

なぜなら、出産後は自分ではすぐに動けそうだと思っても、子宮はまだ回復していません。

 

本格的に運動を始めてよいのは、ママの産後1ヶ月検診の診察で、医師から「運動OK」の許可がおりて始めて本格的な運動ができるようになります。

よって、1ヶ月検診の医師の診察の許可が下りるまでは、体に負担なく無理なく行える「産褥体操」を行うと良いでしょう。

 

スポンサーリンク

産後ダイエット方法 産褥体操とは?

ママの産後1ヶ月検診で、医師から運動の許可がおりるまでは、産後すぐから行える「産褥体操」を行っていきましょう。

産褥体操とは、産褥期に行う体操のことです。

産褥期とは、妊娠前の状態に体が戻ろうと回復していく時期のことを言い、期間は産後約6~8週目頃までです。

この産褥体操は体に負担のかからない方法であり、産後の回復を促してくれる効果があります。

 

よって、この産褥体操は、産後すぐに行っても安心して行える体操ではありますが、この産褥体操においても、退院してしまう前に助産師さん、看護師さん、医師などに「産褥体操しても良いか?」を確認した上で行うようにしてください。

やはり、体調や体の回復具合などは一人一人異なることから、産褥体操であっても、確認してから行ったほうが安心して行えます。

 

そして、常に自分の体と相談しながら、無理なくリラックスして行いましょう。

 

スポンサーリンク

産褥体操の効果とは?

産褥体操は、一番には、産後の体の回復を促進させるという目的と効果があります。

ママは、産まれたばかりの赤ちゃんのお世話で睡眠不足になったり、ストレスが溜まったりしがちです。

そんな時に、少しだけでも時間をつくって産褥体操を行うことで、気分転換にもなり、ストレス解消とリラックス効果が期待できます。

また、産後すぐに無理なく少しだけ体を動かしていることから、後に行う産後ダイエットに対し、より高い効果が期待できます。

 

産後ダイエット方法 産褥体操の注意点とは?

産褥体操には、さまざまな動き(ポーズ)があります。

キツイ動きも中にはあり、注意が必要です。

 

緩いものから段階を踏んで行っていきましょう。

 

ヨガインストラクターの私が選んだ、効果的に行えるオススメ産褥体操3つ

より効果的に行えるように、産褥体操の動画を厳選してみました。

産褥体操 産後1・2日目


息をゆっくりと長く吐くことで、体もリラックスしてきます
そして、お腹に手を当て、お腹の動きを意識しながら呼吸を繰り返すことで、少しずつ腹筋力がついてきます。

 

産褥体操 産後3・4日目


先ほどの動きよりも、より腹筋を意識した動きになります。
お腹を意識して行うことで、より腹筋力がつきます。
なるヘく呼吸を止めないように、息を吸いながら上半身を持ち上げて腕を前に伸ばし、
吐きながら、ゆっくりと頭と手を戻していきます。
余裕があれば、頭と腕をマットへ戻すときに、腕を背伸びするように頭の上までぐーっと伸ばすと、首・肩のコリがほぐれてきます。

 

産褥体操 産後5日目


出産後はどうしても、骨盤底筋部が緩みやすいです。
よって、産後に尿漏れがある場合は、骨盤底筋が緩んでいるということです。
また、ここでは膝を伸ばすと同時にお尻の穴をキュッとしめると表現してありますが、尿漏れがある場合は特に膣をキュッとしめることを意識しながら行うことで、骨盤底筋が鍛えられ、尿漏れの改善になります。
できる場合は、息をすいながら膝を伸ばし膣をしめ、膝を伸ばしきったところで、膣をしめたまま3~5秒間停止、吐いて膝を軽く曲げてリラックス、これを繰り返すとより効果的です。

 

産後ダイエットと一般的なダイエットとの違いは?

産後のダイエットは、一般的なダイエット方法のカロリーを消費して、痩せることを目標にしているものとは違います。

産後ダイエットは、体力の回復と、腹筋強化、歪んだ骨盤を整えることが大切になってきます。

 

よって、動いた分だけカロリー消費して痩せるのとは異なり、産後ダイエットは、歪んだ体を整えることと、適度な筋肉を付け新陳代謝が良くなることにより、自然に痩せやすい身体をつくり、結果痩せることができるということになります。

 

産後ダイエット方法 オススメの運動とは?

産褥体操を終えて、体に余裕がある場合は、「産後ヨガ」がオススメです。

産後ヨガは、呼吸と動きを合わせながら、妊娠・出産によって、崩れてしまった体のバランスを整えていきます。

また、無理なく必要な筋力をつけることができ、骨盤底筋部のゆるみを改善します。

そして、動きによっては、腰回りを緩めることで腰痛改善、骨盤の開閉度を調節することで骨盤矯正ができ、ダイエットの敵である骨盤の歪みが解消されます。

 

更には、授乳中や抱っこによっても起こりやすい首肩の凝りの改善や、他に血行促進、ウエスト痩身などの効果が期待できることから、産後ヨガはおすすめです。

 

産後ダイエット方法 産後ヨガのおすすめポーズとは?

腰のツイスト


このポーズは、より効果的に行うために、呼吸と動きを合わせて行うことがポイントです!
息を吸って吐きながら、両膝を右に倒し、顔は左を向きます。吸いながらゆっくり戻して、今度反対です。
息を吸って吐きながら両膝を左に倒して顔は右を向きます。
これを繰り返して、最後やりずらかった側に膝を倒し5秒間停止します。
そうすることで、左右の偏りを修正します。

 

このポーズは、腰まわりをゆるめて、腰痛の解消、ウエスト痩身、血行促進、排便促進、右にねじって胃に刺激を与えます。左にねじって肝臓への刺激を与えることで、胃や肝臓を強化も期待できます。

お腹周りの脂肪が気になる場合は、ぜひ毎日やっていたたきたいポーズです。

 

産後ダイエット方法 これをやれば大丈夫!(一連のながれ)

ポーズの順番

  1. 猫のポーズ
  2. 猫のしっぽふり
  3. 腰のカール
  4. すべり台のポーズ
  5. 腰のツイスト
  6. 腕まわし腹筋

これらを無理なく行うことで、首肩のコリ解消、腰痛解消、腹筋背筋強化、ウエスト痩身、排便促進、骨盤底筋部引き締め、血行促進、内臓強化などの効果が期待できます。

よって、これらのポーズを毎日行うことで、全体的に体が引き締まってきます。

 

まとめ

今回は、産後ダイエット方法 オススメの運動とより効果的に行うポイントはコレ!について書きました。

産後に体型が変わってしまうのはイヤですよね。芸能人のママタレみたいに元の体型に戻したい・・・。

 

よって、今回の産褥体操から産後ヨガまでは、全て理にかなっている内容ですので、安心して行えます。だからこそ、産婦人科でマタニティヨガや産後ヨガのプログラムが用意されている訳です。

一番大切なのは、絶対に無理をしないことです。自分のペースで体と相談しながらゆっくりと始めることが大切です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事

産後ダイエット方法 帝王切開後はいつから良い?ベストな方法は?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です