産後ダイエット方法 帝王切開後はいつから良い?ベストな方法は?

スポンサーリンク

無事に出産を終えると、次に気になってくるのが、出産後の体型です。

 

元の体型に戻すには、出産後半年が勝負と言われています。

しかし、帝王切開で出産した場合は、お腹を切っていることから、自然分娩に比べて回復が遅くなります。

 

帝王切開後すぐに運動を初めてしまうと、傷口が開いてしまうといった事態にもなりかねません。

では、帝王切開をした場合の、産後ダイエットはいつから始めたら良いのでしょうか?また、ベストな方法は?注意点も気になるところです。

 

そこで、今回は、産後ダイエット方法 帝王切開後はいつから良い?ベストな方法は?注意事項についてもまとめてみました。

では、さっそくいきましょう。

 

スポンサーリンク

産後ダイエット方法 帝王切開後いつから良い?

一般的には、帝王切開の場合の産後ダイエット開始可能な時期は、産後2~3ヶ月後です。

帝王切開で出産した場合は、手術でお腹を切開していることから、自然分娩に比べて回復も遅く、子宮や傷口、体調など、より慎重に経過をみる必要があります。

 

自然分娩では、産後の回復が順調の場合は、だいたい1ヶ月検診の際に医師から運動しても良いという許可がおります。

しかし、帝王切開の場合は、子宮や傷口、体調の回復を待ってからということになるので、自然分娩よりも更に1ヶ月遅い、産後2ヶ月ほどで運動の許可が下りることが多いです。

まれに、帝王切開後に通常以上に回復がよく、子宮や傷口の回復も良く、体調も安定していると医師が判断した場合は、産後1ヶ月で運動の許可が下りることもあります。

ママの産後1ヶ月検診で医師に「産後ダイエットをしたい」と伝え、運動を開始しても良いか、必ず医師に確認することが必要です。

 

 

スポンサーリンク

帝王切開後のダイエット 自己判断ではじめるのは危険?

帝王切開後の産後ダイエットは絶対に自己判断で始めないようにしましょう。

ママの産後1ヶ月検診の際に必ず医師に確認することが大切です。

また、骨盤を引き締めるための骨盤ベルトによって、傷口が悪化してしまったなど、いつもと違う時は、すぐに病院に連絡を取り、医師の診察を受けてください。

 

私の実体験。こんなことがありました。

2人目を帝王切開後、骨盤を引き締めるために、骨盤ベルトを薦められました。

そして、看護師さんの言う通りに毎日骨盤ベルトを締めたまま生活していました。

すると、帝王切開で縫ったところの糸がビヨ~ンと、1本出ているのです。

「えっ、糸?」「溶ける糸らしいから、溶けて治ってきたのかな?」と勝手に自己判断して放置。

 

その後、1ヶ月検診の際に、医師に確認したところ、「これ糸が切れちゃってるね」と言われました。

よって、傷口もケロイド状に跡が赤く残ってしまったのです。

もっと早めに病院に行って医師の診察を受け、適切な処置をしていれば、こんなケロイド状の跡は残らなかったはずです。

 

いずれにしても、勝手な自己判断はやめましょう。

 

 

スポンサーリンク

帝王切開でも骨盤は開くの?

帝王切開は、自然分娩じゃないんだから、骨盤は開かないんじゃないの?と思っていませんか?

自然分娩でも帝王切開であっても、同じように骨盤は開きます


出典:https://iku-labo.jp

なぜなら、人が妊娠することによってリラキシンという卵巣や子宮、胎盤などから分泌される女性ホルモンが出るのは同じだからです。

 

人が妊娠することによって分泌されるリラキシンが、骨盤まわりの関節や靱帯を緩め、それによって骨盤が開きやすくなり、身体が出産しやすいように準備をしていきます。

よって、分娩方法が自然分娩と帝王切開で異なったとしても、人が妊娠することによっておこる身体の作用は同じであることから、帝王切開でも骨盤は開くということです。

 

 

産後ダイエット方法 「骨盤」ってそんなに大切なの?

ダイエットでも、特に産後ダイエットについては、「骨盤」が大切だと言われています。

なぜそんなに「骨盤」が大切なのでしょうか?

 

「骨盤」とは?

骨盤は、お尻の真ん中にある仙骨とその先にある尾骨、大きな2枚の寛骨が組み合わさってできています。骨盤の上には首からお尻までひと続きの背骨、下には大腿骨があり、骨盤は体の中心にあります。
直立二足歩行をする人間の骨盤は、上半身の重みと足からの衝撃がすべてかかるため、骨盤がしっかりしていないと、全身の調子が悪くなります。全身の姿勢を支えている、からだの“要”となっているのが「骨盤」です

出典:トコちゃんベルトの青葉

このように骨盤は、「骨盤」という1つの骨のことを言うではなく、お尻にある仙骨や寛骨など複数の骨が組み合わさって出来ています。

そして、骨盤は体の中心部にあり、上は背骨と繋がっており、下は股関節と繋がっていることから、体の土台としての役割を担っています。

 

よって、骨盤は、体の姿勢を支えている要であることから、そのバランスが崩れることでさまざまな不調を引き起こす原因となります。

だからこそ、「骨盤」を整えることが大切だということです。

 

 

ダイエットの敵は骨盤の歪み?

実は、骨盤の歪みがダイエットの邪魔をしていることがあります。

特に、出産後に元の体型に戻したい場合は、必ず「骨盤」について意識する必要があります。

 

なぜなら、骨盤の歪みによって、脂肪がつきやすい状態になっていることがあるからです。

では、「骨盤」の歪みについて詳しく見ていきましょう。

 

骨盤の歪みには種類があった?

骨盤の歪みは3つのタイプ分かれます。歪みのタイプによって、身体にどんな不調を引き起こしやすいのか?見てみましょう。


出典:https://ameblo.jp

骨盤の歪み 1つめ「ねじれ」タイプ


出典:http://kirei-torisetsu.com

お腹が大きい妊娠中には、楽な姿勢をとるために、どうしても横座りをする人が多いです。

しかし、この横座りが骨盤のねじれを生じやすくしています。

 

また、足を組む姿勢も、骨盤のねじれとなりやすいです。

骨盤のねじれがあることによって、腰回りや下半身に脂肪がつきやすくなります。

 

骨盤の歪み 2つめ「傾き」タイプ

妊娠中お腹が大きくなるにつれ、どうしてもお腹を前に突き出す姿勢を取りやすくなります。

これを反り腰と言い、骨盤は前傾の状態です。このように反り腰の状態(骨盤が前傾)が続くことで、婦人科系の疾患になりやすい傾向があります。

 

また、反り腰とは反対の猫背姿勢は、骨盤が後傾している状態です。猫背姿勢(骨盤は後傾)していることで血行不良が起こりやすくなります。

このように、骨盤の傾きによっては、内臓の下垂、腰痛、肩こりなどの症状が出やすくなります。

 

骨盤の歪み 3つめ「開き」タイプ

これは、妊娠・出産によって、骨盤がゆるみ、開いて戻りが悪い状態。または、日頃の姿勢の悪さが原因で骨盤が開きすぎている状態を言います。

骨盤が開いていると、むくみ、冷え性、便秘、腰痛、生理痛、O脚・X脚、新陳代謝が悪くなります。

 

この骨盤の歪みの3つのタイプは、ほとんどの人が1つのタイプだけではなく、骨盤のねじれと傾きがあったり、骨盤の傾きと開きがあったりと、複合していることが多いです。

 

よって、骨盤の歪みによって、身体の代謝が悪くなり、脂肪も付きやすくなり、新陳代謝まで低下してしまうと、いくらダイエットをしたくても思うように効果が出ません。

 

帝王切開後の産後ダイエット方法で欠かせない2つのポイントとは?

帝王切開後の産後ダイエット方法で欠かせない2つのポイントは、「骨盤」と「腹筋」です。

なぜ、「骨盤」と「腹筋」がポイントなのでしょうか?

 

「骨盤」は、妊娠・出産によって緩んだ骨盤は、3~4カ月かけて元の位置に戻ろうとしますが、戻る位置が必ずしも正常なところではありません。

そして、骨盤に歪みがあると新陳代謝が悪くなり、脂肪がつきやすかったりと、さまざまな不調を生じ、ダイエットの効果も出にくくなることから、骨盤の歪みを修正する必要があるからです。

 

「腹筋」は、産後は自然分娩、帝王切開に関わらず、お腹のたるみが気になりやすいです。

これは、腹筋が弱っていることと同時に、出産で骨盤が開くことによって内臓下垂になりやすいからです。

そして、一番は、妊娠中の大きなお腹が出産によって伸びていた皮膚がたるんでしまうことから、腹筋で付けてお腹周りの脂肪やたるんだ皮膚を引き締めていく必要があります。

 

ただし、帝王切開後のため、あまりお腹に負担をかけすぎないよう、緩めに行っていくことが大切です。

以上のことから、産後ダイエット方法として欠かせないポイントは「骨盤」と「腹筋」ということが言えます。

 

帝王切開後のベストな産後ダイエット方法とは?

骨盤ベルト

まず、骨盤ベルトで骨盤を引き締めましょう。

ただし、医師の指示にも従い、自分に合ったものを使用しましょう。

骨盤ベルトは装着する位置が大切です。

 

骨盤なので、お腹よりもかなり下の部分になります。

 

産褥体操

帝王切開後に産後ダイエットを開始できるのは産後2~3ヶ月からです。

産褥体操とは、産褥期と言われる産後すぐから6~8週くらいまで行う、産褥期の体操のことを言います。

 

産褥体操をすることで、産後の体の回復を早めることを目的とし、横になった状態で体への負担が少ない動きであることから、産後間もなくから安心して取り組めます。

帝王切開の場合は、産褥体操であっても、傷口に負担がかからないように自分のペースでゆっくりと始めていきましょう。

 

産褥体操をすることで、子宮の収縮を促し、骨盤を引き締めます。またお腹周りも少しずつ引き締まってきます。

 

産後2~3か月からのおすすめ産後ダイエット方法

産後2~3ヶ月が経ち、悪露(おろ)がおさまったことを自分で確認することが大切です。

そして、悪露がおさまったのが確認できたら、自分の身体と相談しなが産後ダイエットの運動を始めていきましょう。

 

最初は、何よりも身体に負担なく始めることが大切です。

 

産後ダイエット方法 産後2~3ヶ月からは骨盤矯正

骨盤矯正を始めましょう。

骨盤矯正は、帝王切開後の骨盤の歪みを正していきます。そうすることで、骨盤も引きしまりダイエットしやすい体づくりができます。

 

骨盤矯正で骨盤の歪みが解消できると、首、肩の凝り、腰痛などの改善効果が期待できます。

 

産後ダイエット方法 食事も大事?

産後ダイエットは、必ずきちんと栄養バランスを考えた食事を毎日しっりかりと摂ることが大切です。

産まれた赤ちゃんに母乳を与えるためにも、お米など炭水化物を抜くような食事をしてはいけません。

 

なぜなら、ママの栄養不足によっては母乳が止まってしまうこともあるからです。

ダイエットをしたいのであれば、食べ過ぎないように気を付け、高たんぱく低カロリー、そして、鉄分、カルシウム、食物繊維、亜鉛など、バランスの良い食事を摂り、絶対にムリのあるダイエットはやめましょう。

 

帝王切開後のダイエット注意事項は?

帝王切開後は、産褥体操をするにも、傷口や体調面での回復を必ず待ってから行うようにしましょう。

そして、ママの1ヶ月後の医師の診察を受けてから、正式な産後ダイエットを始めることが大切です。

 

また、骨盤矯正を行うことで、骨盤が引き締まり、骨盤の歪みも解消されていきます。

一番大切なのは、自分の身体と向き合いながら行うことです。絶対にムリはしないように、バランスの良い食事を心がけ、元のベストな体型を手に入れましょう。

 

まとめ

今回は、産後ダイエット方法 帝王切開後はいつから良い?ベストな方法は?注意事項についてまとめました。

帝王切開後の産後ダイエットは、自然分娩の場合よりも約1ヶ月ほど動けるタイミングが遅くなることから、焦りが出そうですが、なにより大切なのは、まずはしっかり自分の体の回復を待つことです。

 

そして完全に回復し動けるようになったら、ムリをせず少しずつ産後ダイエットを始めると良いです。

ダイエットには、「骨盤」と「腹筋」がポイントなので、この2つを意識して行うことで、元のベストな体型に戻ることができるでしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です