「コドモノミクスとは?」3人目出産した家庭に1000万円給付がヤバすぎる!

スポンサーリンク

2018年8月23日のネット番組で、国民民主党の玉木雄一郎共同代表が、「3人目を出産した家庭に1000万円を給付する」とし、これを『コドモノミクス』と呼んでいます。

どうやらこれは、国民民主党 玉木代表による少子化対策としての1つの政策のようです。

 

3人目を出産した家庭に100万円ではなく、1000万円をもらえるってめちゃくちゃ凄いことですよね。

1人、2人子育て中。または、すでに3人育てているよー、といった子育て中の主婦にとっては目が点になるような話です。

 

実際のところ、この政策「コドモノミクス」は実現するのでしょうか?気になるところです。

そこで今回は、「コドモノミクスとは?」3人目出産した家庭に1000万円給付がヤバすぎる!について記事を書いていきたいと思います。

 

では、さっそくいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

国民民主党 玉木代表「コドモノミクスとは?」

国民民主党 玉木雄一郎共同代表が8月23日のネット番組で発言した内容は次のとおりです。

国民民主党の玉木雄一郎共同代表は23日のネット番組で、少子化対策として3人目を出産した家庭に1000万円を給付するとした自身の政策を「コドモノミクス」と名付けた。その上で、「コドモノミクス」と日米地位協定の改定を挙げ、「この二つの大きな柱で協力できる野党とは連立政権構想を速やかに出したい」と呼び掛けた。(2018/08/23-22:36)

出典: 時事ドットコムニュース

 

「アベノミクス」に似せたネームで名づけられた、この「コドモノミクス」。

なんだか面白い名前を付けましたね。

 

上の記事の文章を読むとちょっと勘違いしやすいのが、「3人目を出産したら1000万円支給」というところです。

3人目だけ1000万円給付されるの?と思う人も中には居ると思います。

 

しかし、実際の玉木代表の「コドモノミクス」とは、次のとおりです。

国民民主党は、少子化対策の「コドモノミクス」と「日米地位協定」を二本柱で野党と協力して連立政権構想を出したい、といった政策段階のため、まだ実現が決まった訳ではありませんが、この政策が実現する可能性はあるということですよね。

 

あかりね

3人目に1000万円を与えるというのも、少子化対策としてちょっと違うのでは?と個人的意見としては思ってしまいます。なんせ多額すぎです。

 

ビックダディーの元妻である「美奈子さん」は現在第8子妊娠中です。

もしこの「コドモノミクス」が実現されたと考えた場合、8人目出産で1000万円、まだまだ出産されそうなので、9人目で1000万円、10人目で1000万円・・・・と続くということですね。

 

ある意味スゴイことです。子だくさんも素晴らしいことですが、給付金もスゴイことになりますよね!

 

 

スポンサーリンク

国民民主党 玉木代表の少子化対策「コドモノミクス」は実現する?

あくまでも筆者個人の意見ですが、少子化対策の「コドモノミクス」は実現してほしくはないです。

 

しかし正直なところ、少子化問題に関しては、かなり切羽詰まったところまできていると言われています。

よって、強行突破する可能性はありそうです

 

 

本来であれば、「3人目以上出産したら1000万円を給付する」というのが、そもそもオカシイと思ってしまいます。

なぜなら、産める人にどんどん子供を産んでもらって、少子化に歯止めをかけようとしているとしか思えないからです。

 

少子化の原因は、出生率の低さがあります。

 

しかし、その理由は、

  • 雇用の悪化問題
  • 未婚率が高い
  • 結婚しても子供を持たない

といったことなのではないでしょうか?

 

と考えると、雇用の悪化に関しては、3人目出産したら1000万円あげるよと言われても、家庭によっては、1人ならまだしも、2人目の出産は経済的に厳しいといった家庭も多いのではないでしょうか。

 

また、結婚して子供を持たない理由も、結婚してもお互いに自立して生きていきたいという家庭がある一方で、結婚して子供を欲しくても授からない家庭も多いのです。

結婚してもお互いに自立して働きたいからといった理由で子供を持たない場合は、今行われている働き方改革が少しは生きてくるかとは思いますが、結局その人の生き方のこだわりもあるのでなかなか難しいところだと思います。

 

一方、子供が欲しくても授からない家庭は不妊治療をし、特に女性は心身ともにクタクタになりながらも、治療を続けます。

不妊治療は数十万~数百万かかります。治療が長くなればもっとかかることでしょう。

 

不妊治療助成金の給付もありますが、ハッキリ言って少ないです。

こういった子供を欲しくてもなかなか授からない家庭にとっては、今回の「コドモノミクス」という言葉ですら心を苦しめることになるかも知れません。

 

 

そして、現在の日本における少子化対策の一番の原因は、未婚率が高いことではないでしょうか。

実は、筆者の周りにも独身の方は沢山います。

 

彼、彼女らが独身でいる理由はさまざまです。

  • 運命の人に出会わない
  • いい人がいない(女性: ずっと働きたいから、結婚したら家事も半分やってもらえる人がいい)
  • ここまで来たら一人が楽、自由がいい
  • 結婚しても養っていけない(男性)

などという意見が多いです。

 

彼、彼女ら一人一人聞いていると、それぞれ言っている意味や、理由もよく理解できるんですよ。

結局、「結婚しなければいけない」という考え方ではなく、その人その人の生き方なんです。

その中でパートナーを持たず結婚しないという理由であれば、それはそれで良いと思うのです。

 

しかし、結婚しない理由に「経済的余裕がないから」といった場合、それがかなり問題だということになります。

よって、現状よりももっと働き安く、高いお給料がもらえるような雇用にする必要があります。

 

 

現在は「一億総活躍社会を実現するための改革」として、「働き方改革」が実施されています。

「一億総活躍社会」とは、

我が国の構造的な問題である少子高齢化に真正面から挑み、「希望を生み出す強い経済」、「夢をつむぐ子育て支援」、「安心につながる社会保障」の「新・三本の矢」の実現を目的とする「一億総活躍社会」の実現に向けて、政府を挙げて取り組んでいきます

出典:首相官邸

簡単にまとめると、「少子化高齢化に歯止めをかけ、50年後も人口1億人を維持すること。そして、年齢・病・失敗の経験などにかかわらず、家庭・職場・地域などのあらゆる場で、誰もが活 躍できる社会」が、「一億総活躍社会」ということです。

ということは、現在取り組まれている、「働き方改革」は少子化対策の1つということになります。

 

「働き方改革」によって多少働きやすくなったという声もあれば、結局仕事を持ち帰って陰に隠れてサービス残業なんてこともあるようですね。

この「働き方改革」によって、収入がアップすれば良いのですが、実際のところ残業が減ったために、手取りが少なくなったという声も多いのが実情のようです。

 

玉木代表は次のように語っています。

筆者はこれを読んで、少し納得できました。

 

しかし、財源についてもは、どこからそんな大金を調達するのか気になっていました。

 

すると、国民民主党 玉木代表の考えとしては、

といった考えのようですね。

 

財源は、「うーん」どうなんでしょうね。

はたして、国民民主党 玉木代表の政策「コドモノミクス」は野党結集で実現されるのでしょうか?

 

あかりね
もし、「コドモノミクス」が実現することになったら国民は受け入れるしかないですよね。

 

 

スポンサーリンク

「コドモノミクス」国民民主代表 玉木雄一郎氏とはどんな人?

では、国民民主党代表の玉木雄一郎氏のプロフィールを見てみましょう。


出典:J CASTニュース

玉木 雄一郎 (たまき ゆういちろう)

生年月日 :1969年5月1日
出身地 :香川県大川郡寒川町(現さぬき市)生まれ

 

経歴

昭和50年4月

寒川町立神前小学校(現・さぬき市立神前小学校)入学

昭和56年4月

寒川町立天王中学校(現・さぬき市立天王中学校)入学

昭和59年4月

香川県立高松高等学校入学

平成4年3月

東京大学法学部卒業

平成5年4月

大蔵省入省

平成9年6月

ハーバード大学ケネディスクール修了

平成9年7月

外務省(中近東アフリカ局中近東第一課)へ出向

平成12年7月

金融庁(証券取引等監視委員会)へ出向

平成13年7月

大阪国税局へ出向 総務課長に就任

平成14年7月

内閣府へ出向 行革大臣秘書専門官に就任
石原伸晃大臣、金子一義大臣、村上誠一郎大臣の3人の大臣の下で
内閣府特命担当大臣秘書専門官へ就任

平成17年8月

財務省主計局主査を最後に財務省を退官

平成17年9月

第44回衆議院議員総選挙に香川2区から初出馬・落選

平成21年8月

第45回衆議院議員総選挙に再び香川2区から再挑戦し初当選

平成24年12月

第46回衆議院議員総選挙 香川2区で再選
民主党副幹事長及び政策調査会副会長を歴任

平成26年12月

第47回衆議院議員総選挙 香川2区で3期目当選

平成27年9月

民進党代表選に出馬、民進党幹事長代理に就任

自己紹介

趣味 : カラオケ(十八番は「あずさ2号」)、ギター

出典:たまき雄一郎(公式HP)

 

 

「コドモノミクス」がツイッター(Twitter)でも話題に!

ツイッター(Twitter)からも「コドモノミクス」に対して、さまざまな声が上がっています。

あかりね
上記のツイートの中で、筆者が一番思ったのは、やはり保育所問題です。

 

現実的に保育士も少なければ、保育所も少ない。

女性が子供を産んで安心して育てられる環境が整っていないまま、この「コドモノミクス」でどんどん子供だけ増やすといった考え方はどうなのか?と思ってしまいますね。

 

 

「コドモノミクスとは?」まとめ

今回は、「コドモノミクスとは?」3人目出産した家庭に1000万円支給がヤバすぎる!について記事を書きました。

国民民主党の玉木代表が名づけたこの「コドモノミクス」政策。

 

すでに3人目から幼稚園などでも無償になっていることが多いため、筆者からすると1000万円は多すぎではと思ってしまいます。

また、1000万円を目当てに子供だけ産んで育児放棄や児童虐待などの問題も懸念されます。

 

「コドモノミクス」政策はちょっとやりすぎのような内容にも思えますが、果たしてどうなるでしょうか?

今後も興味深く追っていきたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

合わせて読みたい記事

サマータイムとは?日本が導入したら企業や学校は?日本過去に失敗!?

児童手当の支給金額は200万円?【衝撃】誕生月で総額が違うってホント?

子育て悩み相談【必見】無料で利用できる電話相談窓口まとめ

【警告!】地震予言(最新情報) 2018年に巨大地震が起こる!?

非常持ち出し袋の中身リスト!大地震経験者「最低限」これだけあれば大丈夫!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です