1歳のお誕生日の祝い方は?一升餅や写真撮影・食事会は全て伝統行事?

スポンサーリンク

出産から慌ただしい毎日を過ごしている中で、わが子の1歳のお誕生日は喜びもひとしおですね。

ところで、1歳のお誕生日はどのようにお祝いしたらよいのか?また、一升餅や写真撮影・食事会はどうしたらよいのか?全て伝統行事なのか?も気になるところです。

そこで今回は、1歳のお誕生日の祝い方や一升餅や写真撮影・食事会は全て伝統行事なのかについてご紹介します。

スポンサーリンク

1歳のお誕生日の正式な祝い方は?盛大にするのが伝統行事?

1歳のお誕生日は、祖父母を招いて華やかなパーティをしたいと思ったりしますよね!

しかし、祖父母の世代には1歳の誕生日は一升餅や選び取り、赤ちゃん筆の制作といった伝統行事を取り入れた祝い方が好まれる傾向にあります。

 

1歳の誕生日は言うまでもなく生まれて初めての誕生日ですから、子どもにとっても家族にとっても特別なものですよね。

お部屋を飾り、インスタ映えを狙ったパーティをする場合でも、祖父母を招く場合は伝統行事を盛り込む祝い方をおすすめします。

 

スポンサーリンク

1歳のお誕生日の祝い方!一升餅のやり方や意味は?選び取りも!

1歳のお誕生日の祝い方で、まずは、一升餅のやり方や意味、そして選び取りについて見ていきましょう。

 

一升餅の「一升」は「一生」にかけています

地域によって、多少お祝いのやり方が違いますが、「1歳の誕生日=一升餅」というのがどの地域でもオーソドックスな祝い方です。

一升餅とは、一升(10合)のもち米で作ったお餅のことです。

重さでいうと、およそ2キロになります。

1歳を無事に迎えられたことをお祝いして、丸い形にしたものを風呂敷に包んで「一生の重み」として背中に背負わせます。

一生(=一升)食べ物に困らないよう、一生健康であるよう、一生円満(丸い餅のように)な人生を送れるようにと願いを込めています。

もちろん、立派に背負える子も中にはいますが、歩く子と歩かない子の個人差がある時期ですから、転んでしまったり、すっかり泣いてしまったり、うまくいかない場合の方が多い行事です。

転んだ際の安全には十分注意して、子どもがどのようになっても温かく見守ってあげてくださいね。

一升餅はどこで購入できるの?

地域の和菓子屋さんなどでは「一升餅」とお願いしたら作ってくれるところが多いので、確認するとよいでしょう。

もしくは、インターネットで販売しているところもあります。

子供の名前を入れてくれたり、紅白の二つに分けてくれたり、食べやすく丸い餅をいくつもセットにしてくれたり、さまざまな商品があります。

写真の撮影や、おいしく食べる時のことについて考えながら購入するとよいですね。

選び取り(えらびとり)で子どもの将来を占ってみよう

選び取りとは、子どもの将来の職業を占う伝統行事です。

1歳の誕生日に、意味を持たせた品物を子どもから少し離れたところで並べ、どれを手に取るかで将来を占うというものです。

準備する品物の一例をご紹介します。

そろばん

商売上手、計算が得意になる

筆・ペン

芸術家や研究者になる

お金・財布

裕福になる

はさみ

衣装持ちになる

スプーンや箸

食べ物に困らない、料理人になる

辞書

成績優秀な物知りになる

くし・鏡

おしゃれになる

楽器

音楽家になる

ボール

スポーツ選手になる

選び取りに明確な決まりはありません

どんな意味を持つ品物を揃えるか、どの段階で子どもが選んだとするのか、など、やり方に明確な決まりはありません

始める前に家族で話し合い、一番初めに触ったもので占うのか、ママに持ってきたもので占うのかなど、我が家の選び取りルールを決めておきましょう。

最近は、占う品物の絵が描かれた選び取りカードを使うこともあります。

お誕生日のお祝いのお楽しみとしてやってみてくださいね。

スポンサーリンク

1歳のお誕生日の食事会!お店の選び方やポイントは?

自宅でゆっくりとお祝いをするのもいいですが、1歳のお誕生日は特別な日ですから、お店での食事会をするのも良いでしょう。

お店によってはバースディプランを用意しているところもあります。

食事の他に記念写真や一升餅のプレゼントがもらえるプランは大変お得ですよね。

1歳のお誕生日の食事会にふさわしいお店選びのポイント

お祝いの席とはいえ、周りの席のお客様に迷惑をかけるのはよくありません。

他のお客様も子ども連れが多いお店を選ぶと良いでしょう。

また、コース料理など、長い時間食事をしていると主役の子どもが飽きてきてしまいます。

祖父母も同席してゆっくり食事会をしたい場合などは、個室のあるお店を選ぶのも良いですね。

温泉宿泊施設などもお部屋でゆっくり食事ができるので、1歳のお誕生日記念に旅行を兼ねて出かけるというのもおすすめです。

1歳のお誕生日は写真館での写真撮影がおすすめ?

1歳のお誕生日は写真に残しておきたいものです。

しかし、写真館で撮影するとなると仕上がりはキレイな反面、費用もかかります。

一方、自分で撮影するのは費用がかからない反面、クオリティが気になりますね。

どちらで撮影しようかと悩んでいる方へ、写真館での写真撮影と自分で撮影する際のコツを紹介します。

写真館での写真撮影のメリット

100日のお祝いや、ハーフバースデーの際に写真館で写真撮影をしたことのある方は、スタジオ撮影のきれいな仕上がりをご覧になっていることでしょう。

かわいらしいセットや小道具と、カメラマンの笑顔を引き出す絶妙な技術で自宅では撮影できない仕上がりの写真になります。

しかし、1歳というのはちょうど人見知りになる頃です。

以前はスムーズな撮影ができた子どもでも、この時期は泣いてばかりで他の日に撮影延期になってしまったなどという声もちらほら聞きます。

子どもの普段の様子から、人見知りが特別に強い時期だなと感じたら、自宅で撮影するのもひとつの方法ですね。

自宅で写真撮影のコツ

自宅で撮影する場合は、子どもが環境に慣れていることや、撮影者であるパパママに特別な緊張をしないことから、良い表情を撮影することができます。

撮影する際は、お誕生日らしく撮影小物をそろえてみるとよいでしょう。

「1」の形をしたバルーンや、「HAPPY BIRTHDAY」の文字が入ったガーランド、花冠やフェイクのケーキなど、工作が好きなパパママなら自作できるものもありますよ。

お誕生日の季節にもよりますが、外で過ごしやすい時期であれば、公園の緑やお花と一緒に撮るのもおすすめです。

写真館ではできない、手作り感のある写真も素敵ですね。

1歳のお誕生日の祝い方は!一升餅・写真撮影・食事会まとめ

1歳のお誕生日は子どもの初めての誕生日で特別なものです。

パパママだけではなく、祖父母も楽しみにしているイベントですから、一緒に1歳をお祝いする際は一升餅などの伝統的な祝い方も取り入れると家族みんなで楽しめる一日となるでしょう。

写真撮影や食事会など、ついついたくさんのことを詰め込んでしまいがちですが、せっかくの記念日が疲れでグズグズになってしまわないよう、様子を見ながら楽しい誕生日にしてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です