2歳のリュックのおすすめは?中身は何を入れる?サイズや選び方も!

スポンサーリンク

子供が大きくなってくると、持たせる荷物など、自立のためにはどうしたらいいんだろうと悩みは尽きないものです。

特にこれから保育園に行くお子さんは、自分で荷物を持つことを教えなくてはいけないからと、リュックを持たせたいと思いますよね!

では、2歳の子供に持たせてよかったリュックはどんなものなのでしょうか?また、2歳の子供が背負うリュックの中身は何を入れるのか?リュックのサイズや選び方も気になるところです。

今回は、2歳のリュックのおすすめは?中身は何を入れる?サイズや選び方もご紹介します。

 

スポンサーリンク

2歳のリュックのおすすめランキング!

さっそく、2歳の子供リュックの人気トップ3をランキング形式で見てみましょう。

第3位【マッドパイ】

トートバッグのイメージか強いマッドパイのバッグはシンプル可愛いデザインで若い子から大人の方まで幅広く人気があります。

そして念願のイニシャルシリーズのキッズリュックが登場しました!
シンプルなデザインにイニシャルがとってもおしゃれですね。

こちらもチェストベルトがついているのでずり落ちの心配はないです。

重さも240gと軽量なので子供の負担にならずに済みます。

 

第2位【anello】

おしゃれママ達の間で大人気のanelloアネロからキッズリュックがリニューアルして再登場しています。
ぱかっと大きく開くワイヤー入りリュックがそのまま小さく子供サイズで親子でおそろいもいいかも。

anello アネロキッズリュックは対象年齢が1~6歳くらいの子なので小さすぎず大きすぎずちょうどいいサイズ感です。
リュックは大人のものと同様に大きく開くので、小さな子供でも簡単に荷物を取り出したりできます。

気になる重さは390gと何の問題もない重さです。

 

第1位【OUTDOOR PRODUCTS】

子供も大人もリュックの定番といえば、OUTDOOR PRODUCTS(アウトドアプロダクツ)です。

子供用のチアフルキッズリュックは大人気です。
カラー展開は全20カラーもあり子供が好きそうな柄がたくさんで迷ってしまうこと間違いなし!

キャラものじゃないので長く使えるのがうれしいポイント!
もちろんチェストベルト付きで、肩紐がずり落ちる心配もないし薄くて軽い素材を使っているので使いやすいです。

 

スポンサーリンク

2歳のリュック!中身は何を入れる?

気になるのがリュックの中身ですよね…軽すぎたらどこかに忘れてしまいそうだし、重すぎたら持ってくれなそうだし悩みは尽きません。

2歳の子供のリュックには何を入れるのでしょうか?

2歳になると自分の好きなおもちゃが決まってきだして定番のお出かけのお供ができます。最初は手に持っていってくれるかもしれませんが、疲れて寝てしまったりほかの遊びに夢中になってしまうこともあります。

おもちゃは子供にとって安心感を与える大切なものですので気にかけてあげましょう。

おもちゃの他にも小さめの絵本を入れてあげるのもいい案です。

そしてお外遊びともなればタオルウェットティッシュ絆創膏のセットはいつも入れておいてあげると大きくなってからも自分で注意して準備できるようになります。

そしておやつと飲み物を少しマグなどに移して持たせてあげると喜びます。

飲み物は重たくない程度にしてあげて残りの分はママの手持ちに入れておきましょう。

 

子供の思う大切なものがリュックに入っているとリュックを背負いたい気持ちが芽生えますし、大事にしようという思いも学ぶことができます。

はじめのうちは最小限の内容にしてリュックを持つことが楽しいと思ってもらえるようにすることが肝心です。

 

スポンサーリンク

2歳のリュックのサイズや選び方は?

ではどんなリュックを選んであげたらいいのでしょうか?

子供の体格にあったサイズを選ぶ

そうはいってもまだ2歳の子供に大きくて重たいリュックを持たせるのはナンセンスです。

なんせ重たいリュックはすぐに背負っているのが嫌になってしまいますし、違和感を1度でも覚えてしまうとリュックを背負ってくれなくなってしまいます。

せっかくかわいいリュックでも背負ってくれなくなってしまったら悲しいですよね。

 

丈夫で洗える素材

小さな子供たちは遊びも大胆なのですぐに壊れてしまいそうなものは避けたほうがいいです。投げてもこわれなさそうな柔らかい素材のものを選びましょう。

素材選びは肝心で清潔感を保つためにも丸洗い可能なもののほうがおすすめです。

 

チェストベルトがあるものを選びましょう

子供の肩は小さくてするっとずり落ちてしまいます。わずらわしさも子供にとっては天敵です。

なのでずり落ちるのを防ぐのと安全面も考えてチェスト付きのものを選んであげるとストレスなく背負ってくれるはずです。

 

背中の部分に注目しましょう。

背中はとても汗がたまりやすく代謝のいい子供にはべとべとした感じが気持ち悪くてリュックを嫌がる子もいます。まだ2歳なのでごつごつしたものなどは入れないと思いますがクッション性がいいものと同時にメッシュ素材のものや速乾性のあるものを選んであげましょう。

 

開閉のしやすさ

子供が自分で開け閉めできるタイプのリュックがいいでしょう。これは手先を使うことが上手になるのと開けたら閉めるなどの基本的動作を覚えるのにも役に立ちます。

ちゃんと閉めておかないと物がなくなってしまうということも教えることができるのですぐに確認することを考慮して開閉は楽なものがいいと言えます。

 

2歳のリュックのおすすめや中身・サイズ・選び方まとめ!

大きくなるにつれて自分でできるようになっていくので時間はかかりますが自分でやってみさせるというのもとても大事なことです。

できないことが見つかったらできるようになることの感動を知ることができるので子供にとっていい教育になります。

まずは思わず背負いたくなってしまうようなかわいいデザインのものや軽いものをあらかじめ選んでおいてどっちがいいか自分で決めさせてあげるのもいいでしょう。

一人で準備ができるようになるためにも今から少しずつ協力してあげましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です