桜の種類の数と一覧まとめ!早咲きの桜はどれ?花言葉は?画像アリ

陽気が暖かくなってくると春です。桜の季節。

お花見イベントで盛り上がります。

 

せっかく桜の花を見にいくのならば、桜の種類や数を知っていたほうがよりお花見も楽しめますよね。

桜の画像が一覧で見れたら種類の区別がつきやすいです。

 

また、早咲きの桜はどれなのか?花言葉も気になるところ。

そこで今回は、桜の種類の数と一覧まとめ!早咲きの桜はどれ?花言葉は?画像アリについて記事を書きたいと思います。

 

では、さっそくいきましょう。

 

桜の種類の数は?

実は、日本以外のアジア諸国にも桜は存在します。

特に日本では桜の種類も多いことから、春の季節の体表的な花として毎年親しまれています。

 

日本の桜の原種は10種類あると言われており、そこから野生種や改良種などを含むとなんと600種類にもなるそうです。

もちろん、更に改良種が増えていけば、700種類、800種類とどんどん桜の種類や数が増えていきます。

 

江戸時代までは、桜の種類は300種あったと言われていますから、時代が進むにつれて増えていったことがよくわかります。

こんなに種類があるとは・・・(^-^;

 

桜の種類一覧を画像で比較(有名な桜)!見分け方は?

桜の種類が600もあるとなると、種類が多ければ多いほど見分けが付かなくなり、何がなんだかわからなくなってしまいます。

そこで、日本のお花見で見られる有名な桜の種類の一覧を画像でまとめてみました。

 

これだけ知っておけば、まずお花見にはバッチリですよ!

では、見てみましょう。

 

ソメイヨシノ(染井吉野)

日本の全国各地に植えられている桜です。

よって、日本の桜の中でも一番有名な桜とされています。

 

よく、入園式、入学式などで園庭や、校庭の隅のほうに植えられている桜のほとんどがこのソメイヨシノ(染井吉野)です。

また河川敷などでも多く見られ、桜の名所となっていることも多いです。

 

このように、ソメイヨシノの桜は多くの場所で植えられており、その割合は日本の桜の80%を占めています。

テレビで等で放送される、桜の開花予想は「ソメイヨシノ」を基準にデータを取っているんですよ。

 

ソメイヨシノのは、江戸時代の末期に作れられた品種です。

当時の染井村(現在の東京都豊島区)の植木屋が、ヒガンザクラ(彼岸桜)の一種と、ヤマザクラ(山桜)の一種である(オオシマザクラ)大島桜を交配させてソメイヨシノを作り上げたと言われています。

ソメイヨシノを増やすには、実はとても大変です。

 

このソメイヨシノは自然に自分の力だけでは繁殖することはできません。

よって、人が接ぎ木や挿し木で増やしていくしか方法しかありません。

 

その分、大変貴重な桜となっています。

 

ソメイヨシノ(染井吉野)の特徴と見分け方!

ソメイヨシノ(染井吉野)の桜の花びらの色は見方によっては白にも見えるほどのかなり薄めのピンク色をしています。

そして、「花の命は短くて」とよく言われますが、桜の中でもそれを代表するように、花を咲かせる時(開花)の時は一気に咲き、あっという間に散ってしまいます。

 

よく、「あっ桜が満開だ」とおもった頃から、地面に散った花の数は多くなります。

あんなに綺麗だった桜が、「もう散っちゃった」という記憶もあるのではないでしょうか?

 

満開の時に雨が降っていたら、それこそすぐ散ってしまい、地面はソメイヨシノの桜の花びらだらけといった状態ですよね。

本当にソメイヨシノは咲いたと思ったらあっという間に散ってしまうという満開の桜を楽しめる期間が短い桜ですが、その分満開の時は、木の枝を隠すくらいボリューム満点に本当に綺麗に咲き誇ります。

 

この状態が、これこそ桜と多くの人を魅了するんですね。

よって、ソメイヨシノはお花見には無くてはならない桜となっています。

 

一重咲きで、開花した後に葉が出てくる桜です。

 

ソメイヨシノ(染井吉野)が見られるエリア!

九州から北海道南部まで、本州全域

 

ソメイヨシノ(染井吉野)の開花時期!

り多少前後しますが、基本的には「3月下旬~4月上旬ごろ」とされています。

 

 

ヤマザクラ(山桜)

一見、ソメイヨシノ(染井吉野)とヤマザクラ(山桜)と同じように薄いピンクの花なので、とても似ていて良く見ないと分かりづらくないですか?

でも、ソメイヨシノよりもヤマザクラのほうがもう少し花の色が白っぽいです。

 

山で自生していることから、山桜と呼ばれ、中でも奈良県の吉野山に自生するヤマザクラは特に有名です。

ヨシノザクラ(吉野桜)とは、このソメイヨシノのことではなく、吉野山に咲く山桜のことを言います。

 

春にドライブに出かけて、山のほうを見ると山に桜が咲いていることかありますよね。

昔のお花見は、このヤマザクラを見ることだったと言われています。

 

この自生する山桜から品種改良して、オオシマザクラ(大島桜)を作ったとされています。

 

ヤマザクラ(山桜)の特徴と見分け方!

白に近く薄いピンク色をした花びらを持った桜がヤマザクラです。

ソメイヨシノのように一気に咲いて一気に散りません。

 

ヤマザクラは、徐々に咲きながら、徐々に散っていくため、ソメイヨシノの比べると長い期間お花見を楽しむことができます。

一重咲きで、開花と同時に葉も出てくる桜です。

 

ヤマザクラ(山桜)が見られるエリア!

九州から本州の宮城県辺りまで

 

ヤマザクラ(山桜)の開花時期!

4月中旬から

 

 

ヤエザクラ(八重桜)

ヤエザクラ(八重桜)は、画像を見ると分かりますが、一重咲きの桜ではありません。

八重に咲くことから、ヤエザクラと呼ばれています。

 

よって、ヤエザクラとは、品種の名前ではありません。

これは桜の突然変異で起こったもので、花びらが多いものをヤエザクラと呼ぶこともあります。

 

一重のソメイヨシノ(染井吉野)やヤマザクラ(山桜)に比べて、花びらが八重になっており、近くで見るとかなりボリュームのある豪華な桜に見えます。

 

ヤエザクラ(八重桜)の特徴と見分け方!

花びらが八重のように見え、花びらの数が多く、丸いボンボンのように見えます。

見た目は、少し濃いめのピンク色。

ソメイヨシノなどと比べると、一週間程度遅く開花するため、長くお花見を楽しむことができます。

 

ヤエザクラ(八重桜)が見られるエリア!

関西から関東

中でも、新宿御苑や大阪の造幣局のヤエザクラは有名です。

大阪造幣局の桜の通り抜けは毎年ものすごい人だかりとなりますね。

 

ヤエザクラ(八重桜)の開花時期!

4月上旬から5月上旬にかけて

 

シダレザクラ(枝垂桜)・エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)

シダレザクラ(枝垂桜)は、エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)という品種のうちの一種です。

枝が垂れているのが特徴なので、一目で見分けがつきます。

 

エドヒガンザクラは、お彼岸の時期に咲く桜として有名です。

また、この桜はかなり丈夫で太くしっかりしており、樹齢は600年にもなるエドヒガンザクラもあるほどです。

 

シダレザクラ(枝垂桜)・エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)の特徴と見分け方!

シダレザクラ(枝垂桜)の名のとおり、枝が垂れているところが特徴です。

花の色は、ほんの少し濃いめピンク色で、一重咲きの桜です。

 

シダレザクラ(枝垂桜)・エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)が見られるエリア!

九州から本州にかけて

福島県会津若松市の「石部桜」は、エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)が見られます。

 

こちらのヒガンザクラは、NHK大河ドラマ「八重の桜」のシーンで使用されており、樹齢600年のエドヒガンザクラであることから、観光地として有名になりました。

また、福島県のベニシダレザクラ(三春滝桜)は、樹齢2000年とも言われ、日本三大桜の一つとなっています。

 

シダレザクラ(枝垂桜)・エドヒガンザクラ(江戸彼岸桜)の開花時期!

3月下旬から4月上旬にむけて楽しむことができます。

 

桜の種類で早咲きなのはどれ?

では、桜の種類の中でざんな桜が早咲きなのかを見てみましょう。

カンヒザクラ(寒緋桜)

桜の種類で早咲きなのは、カンヒザクラ(寒緋桜)です。

またの名をヒカンザクラ(緋寒桜)とも呼ばれ、ヒガンザクラ(彼岸桜)と間違えやすいことから、カンヒザクラと呼ぶことも多いです。

 

この桜は日本の沖縄で野生化で分布しています。中国や台湾からきた品種です。

早春のまだ肌寒い時期に開花し、少し花が垂れているように見えます。

 

開花した後に葉っぱが出ます。

日本で1月以降に一番早く咲く桜と言われています。

 

カワヅザクラ(河津桜)

カワヅザクラ(河津桜)は、オオシマザクラ(大島桜)とカンヒザクラ(寒緋桜)の自然交配で生まれた品種です。カンザクラ(寒桜)の一種となります。

静岡県河津町で発見されたことがきっかけで、その名のとおり「カワヅザクラ(河津桜)」と呼ばれています。

 

開花した後に葉が出てきます。

1月下旬あたりから2月上旬にかけて楽しむことができ、約1か月もの長い間カワヅザクラ(河津桜)を楽しむことができます。

 

カンザクラ(寒桜)

カンザクラ(寒桜)は、またの名をガンジツザクラ(元日桜)と呼ばれ、名前のとおり1月頃の寒い時期から開花する桜です。

カンザクラの中でも有名なのは、先ほどのカワヅザクラ(河津桜)やシュゼンジザクラ(修善寺桜)があります。

 

桜の花言葉は?

桜の花、全般に対しての花言葉は、

  • 優雅な女性
  • 美しい精神

です。

では、代表的に桜の花言葉も見ていきましょう。

 

ソメイヨシノ(染井吉野)

  • 純粋
  • 優れた美人

 

ヤマザクラ(山桜)

  • 純潔で淡泊
  • 美麗

 

ヤエザクラ(八重桜)

  • 豊かな教養
  • しとやか

 

シダレザクラ(枝垂桜)

  • ごまかし
  • 優美

 

カンザクラ(寒桜)

  • 気まぐれ

 

桜の花と花言葉でイメージすると、なんとなく、花言葉に通じるものがありますね。

特に寒桜の場合は、他の桜とは違い1月頃に咲くことから「気まぐれ」という花言葉。

 

ちょっと面白いですね(^^)

 

桜の種類の数・早咲き桜・花言葉・画像一覧まとめ

今回は、桜の種類の数と一覧まとめ!早咲きの桜はどれ?花言葉は?画像アリについて記事を書きました。

子供と花見に行く場合、どうせなら代表的な桜の種類や見分け方を知っておくと、子供にもすぐに説明できるので、よりお花見を楽しむことができます。

 

お花見の参考していただけたら嬉しいです。

最後までおよみいただきありがとうございました。

 

あわせて読みたい記事

桜餅の道明寺と長命寺!関東と関西の違いは?葉っぱは食べるの?

お花見って何するの?「お花見とは」を子供向けに説明を分かりやすく!

トランポリン愛知(名古屋市緑区)!子供「トランポリンハウス」レポ!

入園式服装!ママ(40代)ワンピースが良い?バッグは?2019年

登園拒否! 幼稚園年少の「幼稚園に行きたくない」にどう対応すれば良い?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です