コサージュの付け方や向き・位置・枝の上下は?入園式から卒業式まで

スポンサーリンク

入園式や卒業式のママたちのお洋服のコーデで欠かせないと言われるのがコサージュですね。

フォーマルなお洋服を購入するとついていくることも多いですが、枝の位置や上下などコサージュの付け方や向きの決まりがあるのかよくわからないまま、当日を迎えてしまうママたちもいらっしゃるようです。

また、コサージュ以外で華やかコーデをしたいというママたちもいらっしゃいます。

そこで今回は「コサージュの付け方や向き・位置・枝の上下は?入園式から卒業式まで」というテーマで、コサージュのおしゃれな使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

コサージュの付け方や向き・位置に決まりはある?

コサージュの付け方や向き・位置に特に明確な決まりはありません

ただ、一般的には、胸の位置よりも少し上の位置の左側につけることが多いようです。

実際、ちょうど鎖骨のあたりを目安に付けると、お顔も明るく見えて、全体的にも華やかな印象になりますね。

注意しておく点としては、特に小さなお子さんを連れて式に出席する場合、お子様が眠くなったりぐずったりして抱っこすることもあるかもしれません。

その時にコサージュが当たってしまわないように、位置を事前に確認しておくことが必要です。

またコサージュの種類や服の素材によっては、せっかくのコサージュが下向きになってしまうこともあるかもしれません。

その場合には、「服の裏側にフェルトなどで当て布などをして補強してつける」とお花も上向きをキープできます。

それでも付け方や向きによって見える印象もだいぶ変わるので、綺麗に見えるように事前に位置を決めておくと安心ですね。

スポンサーリンク

コサージュの付け方!枝の上下は?

コサージュによっては枝や茎が付いているものもありますね。

でもそうなると枝を上下どちらの向きにしたらいいか迷ってしまうかもしれません。

コサージュの付け方で、枝の上下の向きについても特に決まりはありません

お洋服を着る際に見映えが良い向きに調整して付けて問題ありません。

それでももし迷ってしまったり、向きが気になる場合には、お花が咲く自然な向きに合わせて枝を下向きにするといいですよ。

スポンサーリンク

コサージュの付け方!入園式・卒園式・入学式・卒業式で色の決まりはある?

入園式・入学式や卒園式・卒業式でコサージュの付け方や色も決まりはないので、ママのコーデや好みで自由に決めることができます。

それでも黒のコサージュは喪をイメージさせるので、あまりおすすめされていませんので気をつけてくださいね。

爽やかな季節の晴れやかなイベントですから、ピンク、オレンジ、オフホワイトなど明るい色を選んで、ぜひ明るい印象を作りましょう。

派手になりすぎないように少し淡い色合いやパステルカラーなどを選ぶなら上品さもアップします。

また卒園式・卒業式と入園式・入学式でお洋服のコーデに合わせて同じものを付けても、違うものを付けても問題ありません。

ちなみに私の周りのママ友は、「どんな式でも使える色」基準でコサージュを選んで使っている人が多いです。

いずれにしてもコサージュの付け方として、色選びは明るく上品で華やかだけど派手すぎないものにすることがポイントになりますね。

ぜひお洋服に合わせて華やかなコーデのワンポイントにしてみてください。

コサージュは花以外でも良い?

コサージュの付け方についてご紹介してきましたが、コサージュをつけることがあまり好きではなかったり、ちょうど良いものが見つからないということもありますよね。

その場合、コサージュの代わりにアクセサリーを使う人もいます。

例えばパールのネックレスのようなお花以外のタイプの小物や明るい色のスカーフなどを使うママたちもいらっしゃいます。

また、お洋服に合わせたブローチをつけていたり、イヤリングのみ付けているというママも見かけたことがあります。

お洋服も明るく華やかな雰囲気のコーデになる場合には、コサージュなどの小物がなくても大丈夫です。

出席する式の雰囲気やあなたの好みに合わせて、お花以外のデザインも取り入れてさらに素敵なコーデを完成させてみてくださいね。

コサージュはそもそも必要?付ける意味は?

そもそもコサージュは入園式や卒業式に絶対必要なアイテムというものではありません。

コサージュは、胸元を華やかにすることで、喜びやお祝いの気持ちを伝える意味で使われます。

式の際のママたちのお洋服は控え目で華やかなコーデになることが多いので、さらに落ち着いた上品な雰囲気をアップさせる意味で、重宝されているのかもしれません。

それでも先ほどもご紹介した通り、コサージュの代わりになる他の小物を付けておられる方もいらっしゃいますし、シンプルに何も付けない方もおられます。

もし付ける必要があるかどうか迷ったら、同じ式に出席されるママたちに聞いてみるのもいいかもしれませんね。

コサージュの付け方や向き・位置・枝の上下は?入園式から卒業式までまとめ

「コサージュの付け方や向き・位置・枝の上下は?入園式から卒業式まで」というテーマで、コサージュを使う際のポイントをご紹介してきました。

明確なルールがあるわけではありませんが、入園式・卒業式それぞれの目的に合わせて華やかさやお祝いの気持ちを添えるようにコサージュを選んでみましょう。

もしコサージュがなくてもそれに変わるアクセサリーを使うこともできます。

付け方や向きも決まりはありませんので、お花の位置や枝の上下などはお洋服やコサージュのデザインに合わせて綺麗に見える位置をあらかじめ見つけておいてくださいね。

子供の成長をお祝いする大切なイベントに素敵なコーデで華を添えて出席できますように。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です