ハロウィンに子供がお菓子をもらいに来るのは迷惑!?上手な断り方や対策法は?

スポンサーリンク

今年もハロウィンがやってきますね。

最近は、日本でも友人同士でお菓子を交換するにとどまらず、家々を回ってお菓子をもらって歩く子供たちが増えています。

しかし、何の約束もしていない場合はお菓子の用意もなく、見ず知らずの子どもが訪ねてくるのは迷惑だという意見もあります。

そこで、お菓子をもらいに来る子供たちは迷惑?断りたいときはどうする?ハロウィンのお菓子をめぐるさまざま意見とともに、断り方や対策のアイディアをご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンに子供がお菓子をもらいに来るのは迷惑!?肯定派と否定派の意見は?

ハロウィンで子供がお菓子をもらい歩く習慣は、アメリカが発祥です。

10月31日に「トリックオアトリート」「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ」と言いながら、家々を回りお菓子をもらって歩くのです。

ご近所を歩きまわるだけでお菓子がたくさん手に入るなんて、子供にとっては楽しいイベントであるのは言うまでもありません。

 

ですが、それが習慣づいているアメリカであればともかく、日本ではハロウィンが知名度を上げたとはいっても、自宅に知らない子どもが訪ねてくるというのは迷惑だと戸惑う方がいることは容易に想像ができますね。

 

お菓子をもらい歩くなんて楽しくていいんじゃない?肯定派の意見

「とにかく元気があって、子供らしくていいと思う」

今は恥ずかしがって自分のしたいことを大きな声で言えないような子供が多い中で、「お菓子が欲しい!くれなきゃいたずらするぞ」なんて、かわいらしくていいと思う!という意見です。

現在では、地域のつながりが希薄になってきていて、お隣や町内にどんな方が暮らしているのかわからないご時世です。

ハロウィンでお菓子をもらい歩くことで、地域のつながりができるといいですよね。

 

「年に一度のハロウィンは楽しく過ごしたらいい」

夏が終わって、クリスマスまで、なかなか子どもたちが楽しみにするようなイベントがないから、この時期のハロウィンは仮装をしてお菓子をもらい歩いて楽しく過ごすのもいいと思うという意見もあります。

 

確かに、夏祭りや秋祭りも町内会の合併などで数が少なくなっていますし、子供が楽しめる地域の催しは年々減っていますよね。

子供が地域で楽しく過ごしているのを見るのはいいものです。

節度を守って楽しく過ごしたいですよね。

 

期待してこられてもちょっと迷惑…否定派の意見

「特に約束もしていないから用意していないのに訪ねてくるのはマナー違反」

子供のいない家庭ではもちろん、子供のいる家庭でもお菓子の買い置きはしていないというところもあるものです。

また、配るためには個包装になっている必要がありますから、そういったものが手元にない場合も多くあるでしょう。

 

お菓子を求めて歩き回る子供やついて歩く親にしてみたら「ハロウィンなのにどうして準備してくれていないのか」と憤る気持ちもあるかもしれませんが、そこまで一般の家庭に根付いた習慣ではないことを認識しておく必要があるでしょう。

「仮装もせず、ただお菓子をねだりに来るのはハロウィンでもなんでもない」

 

高学年になると仮装するのが恥ずかしい、などの気持ちもあるのか、ただお友達同士が集まって近所の家を周り歩くケースがあるようです。

しかし、それでは本当にお菓子をもらうことだけが目当てでハロウィンの楽しみも何もありませんよね。

 

もらい歩く子供の方もハロウィンを楽しんでいる様子が見られると、お菓子をあげる方も楽しい気持ちになります。

 

スポンサーリンク

ハロウィンに子供がお菓子をもらいに来た時に上手な断り方は?

子供がハロウィンの日にお菓子をもらいに来たとき、用意がないなどの理由で断りたいとき、どのような断り方が良いのでしょうか。

 

家の前に看板を用意しておく

ドアの前に「ハロウィンのお菓子は全部配ってしまいました」「また来年遊びに来てね」など、「お菓子がもうない」ということをアピールしてはどうでしょうか。

本場アメリカでは、ハロウィンの飾り付けをしている家、夜に玄関ポーチに電気をつけている家だけお菓子をもらいに行って良い、という暗黙のルールがあります。

 

ですが、まだお菓子をもらい歩く習慣が定着しているとは言えない日本では、子供たちに「お菓子の用意がある」ことをアピールするよりも「お菓子の用意はない」ことを知らせる断り方がスムーズでしょう。

 

スポンサーリンク

ハロウィンに子供がお菓子目的で来る時の対策法は?

ハロウィンに子供がお菓子をもらいに来る際、迎える方としてはどのような対策をすると良いのでしょうか。

地域を挙げて取り組んでいる例がありますので、紹介します。

 

町内会が主催となり、もらいに行く家と約束を取り付けておく

私の出身地の札幌では、ハロウィンではありませんが、七夕の夜に子供たちがお菓子をもらい歩く風習があります。なのでちょっと参考までに・・・。

七夕の夜に家の前で歌を歌うと、大人が出てきてお菓子を配ってくれるのです。

 

私が子どものときは七夕が近付くと地域のスーパーで子供に配るための個包装の駄菓子が山をなして売られていて、当日は子供だけで見ず知らずの家を訪ねて行ったものでした。

しかし、今では子供の数も減り、安全性も面からもお菓子をもらいに行く際は、町内の方々と協力して、訪ねることを約束したお宅にだけグループごとに訪ねていくようにしています。

 

訪ねる子供の人数も事前に伝えていますから、大量のお菓子を用意する必要もありませんし、町内のイベントとして開催される場合は町内会費から予算が出るため、用意する側も経済的な負担が少なくなるよう配慮されています。

約束したお家は目印に提灯を下げるようにしていますから、ハロウィンバージョンとしてかぼちゃのオーナメントを下げるなどの工夫をして、グループや地域を挙げて対策に取り組むのも良さそうですね!

 

ハロウィンに子供がお菓子目的は迷惑!?上手な断り方や対策法まとめ

日本ではまだ習慣づいていない、ハロウィンに子供がお菓子をもらい歩く際の断り方や対策法についてご紹介しました。

子供にとってみれば、仮装をして近所を周り歩くだけでお菓子がもらえるという楽しいイベントですが、まだ知れ渡っていないだけに、迷惑を感じる方が多いのは仕方ありません。

楽しい雰囲気の子供たちをがっかりさせたり、傷つけないような断り方や対策法でハロウィンを乗り切りたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です