育休中の年賀状一言メッセージは?職場の上司・先輩・同期や友人あて例文!

スポンサーリンク

育休中の年賀状で、職場の上司や先輩、同期や友人にどんな一言メッセージを入れたらいいか悩んでおられる方は多いですね。

特に普段プライベートで連絡を取ることがない場合には、年賀状にどんな一言を添えたらいいか考えてしまいます。

そこで今回は育休中の年賀状一言メッセージは?職場の上司・先輩・同期や友人あて例文!についてご紹介します。

ぜひ送りたいお相手をイメージしながら例文を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

育休中の年賀状一言メッセージ!職場の上司あて例文

育休中に職場の上司あてに年賀状を書く時に入れる一言は、その後の職場復帰をスムーズに行えるかどうかにも影響します。

どんな一言がいいのかポイントと例文をご紹介していきますね。

職場の上司あて: メッセージのポイント

育児休暇を許可していただいたことへの感謝と、復帰後の仕事への意欲が伝わるメッセージを入れることは必須です。

関係性によっても変わりますが、もし子育て経験のある上司あての年賀状ならば、子育ての様子などを一言加えると、復帰後のコミュニケーションもスムーズになるかもしれませんね。

職場の上司あて: メッセージの例文

例文①

「旧年中は育児休暇取得にあたり大変暖かいご配慮をいただきありがとうございます。

◯月に復職する予定ですのでまたご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。」

例文②

「旧年中は育児休暇を取得させていただき誠にありがとうございます。

子育ての大変さも感じながら成長をすぐそばで見守ることができるのも〇〇様(上司のお名前)のご配慮のおかげです。

復職しましたらさらに誠心誠意業務に取り組んでいきたいと思っています。

一層のご指導ご鞭撻をお願い致します。」

スポンサーリンク

育休中の年賀状一言メッセージ!職場の先輩あて例文

職場の先輩あての年賀状に添える一言メッセージも、上司と同様に感謝と共に復帰後の仕事のことも考えて作成したいですね。

職場の先輩あて: メッセージのポイント

育休中、特に自分の仕事のフォローに直接関わっているのは職場の先輩かもしれません。

自分と同じように子育てをしつつ仕事をしている先輩もいらっしゃるかもしれませんので、直接の仕事だけではなく迷惑をかけてしまったり負担を増やしてしまっているかもしれません。

申し訳ないという気持ちも伝えたいと思いますが、ぜひポジティブな言葉を使って感謝の気持ちと共に伝えるようにしましょう。

そして上司あての年賀状同様に、職場の先輩あての年賀状でも、復帰後の抱負や意欲をしっかりメッセージに添えてくださいね。

職場の先輩あて: メッセージの例文

例文①

「育休取得にあたり多方面でフォローしてくださって本当にありがとうございます。

〇〇さんのおかげで毎日子育てに専念できています。

◯月には復帰する予定ですので、一緒にお仕事させたいただけることを楽しみにしています。」

例文②

「育休取得に取得の際には色々なアドバイスをいただいてありがとうございます。

お陰さまで慣れない育児に奮闘しつつも充実した毎日を送ることができています。

復帰しましたらまた熱いご指導よろしくお願い致します。」

スポンサーリンク

育休中の年賀状一言メッセージ!職場の同期や友人あて例文

職場の同期や友人あてなら、プライベートな友人や親戚に送る年賀状と近い気持ちで準備できるかもしれませんね。

とはいえ「親しき仲にも礼儀あり」ですから、会って伝えることができない気持ちを年賀状の一言メッセージにぜひ添えましょう。

職場の同期や友人あて: メッセージのポイント

育休を取るまでの様子や普段の仕事の様子などもよくわかってくれている職場の同期や友人あての年賀状にも、感謝と仕事への意欲を伝える一言を入れたいですね。

自分の仕事をカバーしてくれていたり、育休中でも連絡を取り合って職場の様子を教えてくれるいる方もいらっしゃるかもしれませんね。

上司や先輩に比べて、職場の同期や友人なら日頃お世話になっている感謝の気持ちを具体的な表現で伝えやすいものです。

ぜひ会うと口にするのが気恥ずかしいかもしれない、ありがとうの気持ちをしっかりと一言メッセージに載せてくださいね。

職場の同期や友人あて: メッセージの例文

例文①

「育休中も連絡くれてありがとう。

おかげで仕事復帰も楽しみになっています。

〇〇さんの足を引っ張らないように頑張ります。

また一緒にランチも行こうね。」

例文②

「育休中はいつも以上に私の仕事のカバーをしてくれてありがとう。

初めての子育ては試行錯誤の連続だけど〇〇さんのおかげで専念できて本当に感謝しています。

また一緒に仕事ができることを楽しみにしています。」

育休中に子供の写真入り年賀状を送るのは迷惑?

育休中の年賀状の場合、子供の写真入りの年賀状を送ることは迷惑だと思う方もいらっしゃいますよね。

確かに写真を入れない年賀状のほうが無難だという意見がほとんどです。

基本的にはビジネスでのつながりですし、写真を入りの年賀状にすることでお相手にお祝いなどの催促をするように受け取られてしまうこともあります。

また頻繁に連絡をとっているわけではない場合が多いので、年賀状を受け取った時の反応も想像しにくいですよね。

それでプライベートな話もできる間柄なら写真入り、そうでないならメッセージのみを入れる年賀状にするなど、お相手に合わせて幾つかの年賀状のレイアウトを用意することをおすすめします。

メッセージもお相手によって変えるなら、育休中の年賀状でも気持ちをしっかり伝えることができますし、迷惑かなと不安に思いながら用意することも無くなります。

育休中の年賀状一言メッセージまとめ

育休中に準備する職場の上司や先輩への年賀状に添える一言メッセージは、復帰後にも仕事を円滑に進めるためにとっても大切なポイントになります。

職場の同期や友人に送る年賀状ももちろんですが、育児に専念できる環境を作ってくれたことへの感謝をきちんと伝えるようにしてくださいね。

今回ご紹介した例文をそのまま伝えることができる場合もあれば、相手の方に合わせて例文をアレンジしたほうが場合もあるかもしれません。

いずれにしても、これからも一緒に頑張って仕事をしていく仲間ですから、離れていてもこちらの気持ちが伝わるように心を込めて年賀状も準備したいですね。

意外かもしれませんが、上司や先輩、同期や友人のフルネームを正確に知らなくて、準備しながら焦ってしまったという話もよく聞きます。

年賀状の準備の際にはメッセージの内容だけでなく、住所や名前も正確な最新の情報を把握できているか、きちんと確認しておきましょう。

年賀状を準備されるあなたも、その年賀状を受け取るお相手も爽やかな気持ちで良い年を迎えることができるよう、気持ちのこもった一言メッセージを添えて年賀状作成をされてくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です