児童手当(子供手当)はいくら支給される?いつもらえるの?

スポンサーリンク

子供が生まれると出生届から始まって様々な手続きが必要になります。

しかもだいたい産後2週間程度である程度手続きを終わらせなくてはなりません。

 

赤ちゃんの育児に追われてしなくてはいけない手続きを怠ってしまったら大変です。

その中でも忘れてはならないのが児童手当(子供手当)です。毎月支給されるものではなくまとまった期間に支給されるので手続きができていないと貰えません。

 

では児童手当(子供手当)はいつ支給され、いくら貰えるのか、手当の仕組みを余裕のあるうちにしっかり理解しておきましょう。

スポンサーリンク

児童手当(子供手当)とは?

そもそも児童手当(子供手当)とは一体何なのでしょうか。

それは、児童を育てている保護者に対して行政から支給される手当のことを指します。

この支給には、家庭等における生活の安定と児童の健やかな成長を支える目的があり、15歳に達する最初の3月31日までの間貰うことができます。

 

ただし、所得制限というものがあり全員が同じ額もらえるものではありません。

所得制限の対象となるのは両親のどちらか高いほうで、両親の所得が合算されて計算されることはありません。

 

所得制限限度額は配偶者数や扶養親族によって異なり、

  • 0人で、622万円
  • 1人で、660万円
  • 2人で、698万円
  • 3人で、736万円
  • 以降、380万円増

とされています。

しかし、この一定額を1円でも超えてしまうと児童手当(子供手当)は支給されません。

 

スポンサーリンク

児童手当(子供手当)はいくら支給される?

児童手当(子供手当)は3歳未満の場合月額15,000円、中学生は10,000円が支給されます。

  • 児童: 3歳以上
  • 小学生未満の場合: 第一子、第二子は10,000円
  • 第三子以降: 15,000円

が支給されるので覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

児童手当(子供手当)はいつもらえるの?

では、手当てがもらえるのはいつなのでしょうか?

まず、支給が決定されると、毎年2月、6月、10月の前月までの4か月分をまとめた額が支払われます。

 

支給は基本的に口座振り込みされますが、市区町村によっては窓口で直接手渡しのところもあるようですので住んでいる地域の受給方法を確認しておきましょう。

 

そして、年に1回、児童の生活、健康面の養育状況や前年の所得を確認するための現況届を6月に提出する決まりになっています。

ここで所得が大きく変動していなけれが問題ないのですが、先ほど説明した所得制限を1円でも超えていた場合受給はストップになります。

 

さらに、現況届の提出を忘れてしまうと児童手当が支払われないことがあるので気を付けておきたいところです。

 

児童手当(子供手当)の申請手続き方法は?

何度も説明しているように、児童手当は手続きをしないともらえません。

ですから申請方法をあらかじめ把握しておきましょう。

 

申請にはしなくてはならないタイミングが複数あるので、そのケースからみていきましょう。

  • 第一子を出産した時
  • 第二子以降を出産した時
  • 引っ越しでほかの市町村に住所を移したとき
  • 公務員または公務員を辞したとき

の4つがあります。

 

出産した時

子供を出産したら、出産日の翌日から15日以内に役所に届け出なくてはいけません。

これは一子でも二子でも関係なく期限内の届けが必須です。

ポイント!

子どもが生まれたときに、何度も役所に足を運ばなくて済むように、出生届けとセットで手続きすることをおすすめします。 

 

他の市町村へ引っ越し住所を移した時

引っ越しをして、ほかの市区町村に住所を移したら、受給者の住所が変わるので、転出予定日の翌日から15日以内に役所に届け出ます。

 

公務員の方や公務員を辞した時

もともと公務員の方の児童手当は、勤務先から支給されるのでその手続きが必要です。

基本的に勤務先に対して行いますが、子供が生まれてから公務員になった場合や、公務員でなくなった場合は、その翌日から15日以内に役所に届け出を出さなくてはいけません。

 

ポイント!

基本的に、どれも15日以内に役所に申請すると覚えておけば大丈夫です。 

 

申請が遅れると原則、遅れた月分の手当てはもらえなくなりますので、十分注意しましょう。

申請にあたって用意しておくべき書類があります。

 

児童手当を新たにに申請する場合に、以下の書類が必要になります。

 

児童手当を新たに申請する場合の必要書類!

  1. 児童手当認定請求書
  2. 申請者の健康保険証の写し
  3. 申請者名義の振込先口座のわかるもの
  4. 申請者の印鑑

の4つです。

これらは、役所の窓口で申請手続きを行うときに、絶対使うので忘れないでください。

郵送による申請や、電子申請を受け付けているところもありますが、書類に不備があると書類をすぐに直せず面倒くさいので窓口で済ませてしまうほうが圧倒的に楽です。

一番注意してほしいのは、申請が遅れると入金される時期が予定より大きくずれてしまうことです。

 

児童手当はさかのぼって請求できないので損をしないためにも覚えておいてください。

 

児童手当(子供手当)はいくら支給?いつもらえる?まとめ

一見難しい手続きのように感じますが指定された用紙の記入をして提出するだけなので、私は産後の入院中に書いておきました。

作業としてはとても単純ですし、申請後は振り込みを待つだけです。

 

用紙の記入でわからないことは役所の方が丁寧に教えてくれるので空白にしておいて直接聞くのがいいです。出産後は思っている以上に余裕がありません。

私は主人が仕事でなかなか休めず一人ですべての手続きをしましたが、生まれたばかりの子供を連れての役所手続きはとても大変でした。

パートナーや周りの方にもできるだけ申請のことを知ってもらいお手伝いしてもらうのが母体のためにも赤ちゃんのためにもいいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です