児童手当の支給金額は200万円?【衝撃】誕生月で総額が違うってホント?

スポンサーリンク

「児童手当」は、以前の「こども手当」に相当するものです。

児童手当は、子供がいる家庭であれば、どこの家庭にも貰えるお金です。

 

ただ、毎月の金額を見ても、月に一万とかでは、ミルクやオムツ代であっという間になくなってしまい、実際に少ないと感じていました。

ですが、総額と考えれば200万円近くで結構な額になります。

 

そして、その児童手当の総額が誕生日月によって、貰える額が違うとのこと?本当でしょか?

もし、本当であれば、誕生日月で貰える金額の差が出て、もし貰える額が少ない方の立場だとしたら、なんだか不満に感じてしまうのは、私だけでしょうか?

 

そこで今回は、児童手当の支給金額は200万円?【衝撃】誕生月で総額が違うってホント?について記事を書きたいと思います。

では、さっそくいってみましょう。

 

スポンサーリンク

児童手当(旧:こども手当)とは?

子供を育てている全ての家庭に支給される手当です。

家庭における生活の安定と、次世代の社会を担う子供の健全な育成と資質の向上のために、子育てを支援するお金として貰えるのが、児童手当(旧:こども手当)です。

 

スポンサーリンク

 児童手当(旧:こども手当)は、いつからいつまで貰える?

児童手当は産まれた直後、0歳から支給対象となります。

よって、児童手当の支給対象期間は、0歳から中学校修了の最初の年度末までです。

 

要するに、0歳から15歳のお誕生日を過ぎた、最初の3月31日までが支給対象期間となります。

 

スポンサーリンク

児童手当はいくらもらえる?

児童1人あたり(月額)

所得制限の限度額によって、支給金額が違ってくるので注意が必要です。

 

また、所得制限は、お住まいの地域によって、「所得制限限度額」が異なるため、お住まいの市町村役所HPにてご確認ください。

児童の年齢 所得制限
限度額未満 支給額
(月額)
限度額以上 支給額
(月額)
0歳~3歳未満

※3歳の誕生日の月まで

一律 15,000円  

 

年齢にかかわらず、

児童1人あたり

一律 5,000円

 

 

3歳~小学校修了前 第1子 10,000円

第3子以降 15,000円

中学生 一律 10,000円

※あくまでも、世帯にいる児童の人数が対象となります。

 

 児童手当の支給月や支払日は?

児童手当の支給月は?

支給月 児童手当 対象月
6月 2月、3月、4月、5月の4ヶ月分
10月 6月、7月、8月、9月の4ヶ月分
2月 10月、11月、12月、1月の4ヶ月分

このように、支給月の前月4ヶ月物をまとめて、指定した銀行口座へ振り込まれます。

 

児童手当の支払い日は?

お住まいの地域によって異なりますが、大体が、それぞれの月の10日、または15日となっているようです。

ただし、支払い日が、土曜日・日曜日・祝日にあたる時は、前日の営業日となります。

 

誕生月別の児童手当金の総額は?

第1子・第2子を例に上げて見てみましょう。

4月は、翌月5月から支給されます。

誕生月 第1子・第2子
総額
4月  2,085,000円
5月  2,075,000円
6月  2,065,000円
7月  2,055,000円
8月  2,045,000円
9月  2,035,000円
10月  2,025,000円
11月  2,015,000円
12月  2,005,000円
1月 1,995,000円
2月 1,985,000円
3月 1,975,000円

では、比べてみましょう。

第1子・第2子 4月生まれ  総額 2,085,000円

第1子・第2子 3月生まれ 総額  1,975,000円

4月生まれと3月生まれの差額 110,000円 ←この差は大きいですよね。

 

児童手当の申請はお早めに!

児童手当は、子供が生まれたら、なるべく早めに申請する必要があります。

これは、自ら申請しないと、結果、児童手当が支給されないということになりかねません。

申請した翌月分から支給されるので、子供が産まれたらすぐにでも、児童手当は申請しておきましょう。

もし、申請が遅れてしまった場合は、遅れた月分の児童手当はもらえません

また、出生日が月末に近い場合は、出生日の翌日から15日以内に申請すれば、出生日の翌月から支給されますのでご安心ください。

 

まとめ

今回は、児童手当の支給金額は200万円?【衝撃】誕生月で総額が違うってホント?について記事を書きました。

今まで、自分の子の支給額だけ見てきたので、誕生月で自動手当の総額が変わることは衝撃でした。

4月生まれと、3月生まれでは、11万円もの差があります。これは本当に大きいですよね。

3月生まれだと少し損した気分らなるのは私だけでしょうか?

 

ですが、貰えないより、貰えるほうが助かります。

月々だとあまり大した額にも思えなかったのですが、総額にするとかなりの額になりますね。

 

これを全部貯金しておけば、子供の将来のために役立てれると思います。

改めて、子供のためにしっかり貯金しようと思いました。

 

最後までお読みいただきありがとうごさます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です