子供の靴(スニーカー)の洗い方は?重曹で洗うと汚れや臭いも簡単に取れる?

スポンサーリンク

特に子供の靴、スニーカーは汚れが目立ってから洗うのでは汚れが簡単に取れなくて一苦労です。

また、梅雨の時期が近付くと暑さと湿気で子供の靴が臭いと感じることもしばしばですね。

子供の靴(スニーカー)の洗い方は重曹で洗うと汚れや臭いも簡単に取れるとか・・・。本当でしょうか?気になるところです。

そこで、今回は子供の靴(スニーカー)の洗い方は?重曹で洗うと汚れや臭いも簡単に取れる?についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

子供の靴(スニーカー)の洗い方!重曹で洗うと泥汚れや臭いも取れる?

たくさん外遊びをしている子供は元気いっぱいで、こっちまで元気をもらえそうです。

でも服も靴も泥だらけになって帰ってくるわが子を迎えるのは洗う立場として憂うつですね。

そして、臭いがひどい子供の靴を洗うのはとても負担です。

 

スニーカーなどの子供の靴の臭いの原因は、靴の中に繁殖している雑菌やバクテリアです。

雑菌やバクテリアはヒトの汗や皮脂を餌に繁殖し、その排泄物が臭いの原因となります。

 

雑菌やバクテリアは、気温と湿度が高く、汗や皮脂が多くなる梅雨の時期から夏の時期に活発に繁殖するため、臭いが気になってしまうというわけです。

また、子供の靴の汚れのほとんどは泥汚れです。

泥汚れや臭いの気になる靴はゴシゴシこするだけの洗い方ではなかなかきれいになりません。

そこで、泥汚れで臭う靴をきれいさっぱり洗うため、重曹を使ったスニーカーなど子供の靴の手入れをおすすめします。

 

なんと、一生懸命ゴシゴシこすらなくてもきれいになる洗い方があるんですよ。

ドラッグストアで簡単に手に入る重曹は、キッチンのお掃除で使っているという方も多いのではないでしょうか?

新品のような新しい靴で、気分も新たにお出かけしたいですね。

 

臭いも汚れも落とす、重曹のすごいパワー

重曹には中和作用と静菌作用があります。

中和作用とは、臭いのもととなる雑菌やバクテリア、皮脂汚れなどが酸性のため、アルカリ性である重曹と一緒になることで臭いの原因である酸性物質を中和してくれるはたらきのことです。

静菌作用とは、重曹が靴の中の湿気を吸い取ってくれることで臭いのもととなる物質の増殖を抑えるはたらきをすることです。

これらの作用を最大限に引き出すには、重曹を溶かしたぬるま湯に浸け置きする洗い方が有効です。

 

スポンサーリンク

子供の靴(スニーカー)の洗い方!重曹で簡単に洗う方法とは?

スニーカーなどの子供の靴を洗うのに、特別な道具は必要ありません。

 

使い古しの歯ブラシや、小さなバケツがあればよいでしょう。

重曹に加えて普段使っている洗濯用の洗剤を使うのもおすすめです。

 

重曹を使ったスニーカーの洗い方


  1. 子供の靴に泥がついている場合はブラシで簡単に落としておきます。中敷きや靴ひもがついている場合は、この時にはずしておくとよいでしょう。
  2. バケツにお風呂くらいのぬるま湯を張り、重曹を入れます(お湯1リットルに大さじ3杯程度)
  3. 洗濯洗剤を入れます。(キャップ1杯程度)
  4. 重曹とお湯が溶けたら子供の靴を1時間ほど浸け置きします。中敷きと靴ひもも一緒に浸けておきます。
  5. 時間が経ったら、汚れの残っている部分は粉の重曹を歯ブラシに付けてこすります。
  6. 洗い終わったら日陰に干します。乾いたら紐を通しましょう。
  7. 履く前に防水スプレーをすると、新たな汚れが付きにくくなりますよ。

 

子供に自分で洗ってもらう工夫も

頑固な汚れを落とすためには前述したような工夫が必要ですが、子供が幼稚園に行く頃になったら子供の靴は定期的に自分で洗ってもらうのも良いでしょう。

我が家の場合は、毎週末の上履き洗いは幼稚園の頃から自分でやってもらっています。

洗剤の使い過ぎを防ぐためにポンプ式の容器に洗濯洗剤を入れて、洗い方を説明します。

かわいらしいブラシを用意すると張り切って洗ってくれますよ。

 

上履き洗いの時間に、ちょっと汚れが気になる外履きのスニーカーも一緒に洗うように言うとついでに洗っていますから、お子さんに試してみては?

頻繁に洗うようにすると、簡単に洗うだけできれいになりますし、子供も自分の靴に愛着を持つようになりおすすめです。

 

ちなみに、張り切って何足もスニーカーを洗ってしまって、その日に出かけるための靴がなくなってしまった事件もありましたから、「一足ずつ洗おうね!」という声掛けを忘れずに。(*´ω`*)

 

スポンサーリンク

子供の靴(スニーカー)の洗い方!重曹で洗う方法まとめ

今回は、子供の靴(スニーカー)の洗い方は?重曹で洗うと汚れや臭いも簡単に取れる?について、子供の靴を洗うのに、重曹を使って浸け置きする洗い方をご紹介しました。

重曹は肌にやさしくエコな洗剤として定番ですが、ゴシゴシこするよりも少ない労力できれいになるなんて、目からうろこな洗い方ですよね。

ぜひ次のお天気の良い日にこの方法で洗ってみてください。

 

裏技ですが、場所によってはコインランドリーに靴洗い専用の洗濯機があります。

使ったことのあるママさんに聞いてみたところ、「楽ちんだし、スニーカーとか、子供の靴がすごくきれいになるよ!」とのことだったので、洗うスニーカーや子供の靴がたくさんある場合などは、この方法を試してみるのもいいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です