七草粥は赤ちゃんにいつから食べさせて良い?残りご飯で離乳食レシピも!

スポンサーリンク

お正月から日常へ戻り、胃腸の調子を整えるために食べる七草粥。

「赤ちゃんにはいつから食べさせてよい?」「残りご飯で作る離乳食レシピはない?」と迷っている方もいらっしゃいますよね。

そこで、赤ちゃんにはいつから食べさせて良いのか、残りご飯で出来る七草粥の離乳食レシピと共にご紹介します。

スポンサーリンク

七草粥は赤ちゃんにいつから食べさせていいの?赤ちゃんが食べても大丈夫?

赤ちゃんは大人と同じものを食卓に並べると喜んで食べますから、なるべく同じものを食べさせてあげたいですよね。

七草粥がいつから食べてよいのかわからない方は実は多いんですよ。

赤ちゃんが七草粥を食べて良い目安は離乳食の中期くらいです。

 

しかし、七草はどれも少し苦味があり、青臭いものが多いですから、下ゆでした後に水にさらしてあく抜きをするなど、大人と同じ処理にひと手間加える工夫があるとよいでしょう。

また、食べたことのない食材を入れることが心配であれば、七草を全部入れる必要はありません。

 

七草の中からカブ(すずな)、大根(すずしろ)だけ加えたり、七草の代わりにほうれん草やブロッコリー、小松菜など食べたことのある青菜に置き換えたりして食べやすい工夫をするのもおすすめです。

青菜は、みじん切りでは食べにくい時期の場合、すりつぶしたり、フードプロセッサーをつかったりして、ペースト状にするとよいでしょう。

 

お粥はそれぞれの赤ちゃんの離乳食の時期に合わせて初期は10倍粥をすりつぶしたもの、中期は下でつぶれる7倍粥など、通常食べさせている硬さのものにすると、いつからでも七草粥を毎日の食事と同じように食べてくれますね。

スポンサーリンク

七草粥を赤ちゃんの離乳食用に!残りご飯で簡単に作れるレシピはコレ

では、「七草粥を赤ちゃんの離乳食用に!」ということで、残りご飯で簡単に作れるレシピをご紹介します。

オーソドックスな七草粥のレシピ(2人分)

材料

  • 米 … 1/3合(大さじ4)
  • 水 … 500ml
  • 七草 … 市販品のセット
  • 塩 … ひとつまみ

 

お粥を焚きます。

  1. お米を軽く研いでから水気を切り、鍋に入れ、水500mlを加えます。
  2. 中火にかけ、煮立ったら弱火にします。
  3. 煮立ったら焦げないようかきまぜ、少しふたをずらして40分ほど炊きます。

 

七草の準備をします。

  1. すずなとすずしろ(カブと大根)の実の部分を食べやすい大きさにスライスします(実が小さく皮をむくのが難しければよく洗って皮ごと切っても大丈夫です)。
  2. お湯を沸かし、塩を加え、すずなとすずしろを2~3分ゆでます(お粥に入れて食べるので、柔らかめにゆでるとよいでしょう)。
  3. ゆで上がったらすずなとすずしろをお皿に取り出します。
  4. 洗った七草をゆでます(太い茎の部分からお湯に入れ、火が通ってきたら残りの葉の部分を入れてゆでる)。
  5. ゆで上がったらすぐにざるに上げて冷水に入れ、冷めたら軽く絞って刻みます。

 

七草粥の仕上げ

炊けたお粥に塩をひとつまみ加え、七草を入れて軽く混ぜ、いただきます。

出来立てを食べるのが一番おいしいですよ。

 

残りご飯でお粥を作る場合のレシピ(2人分)

材料

  • ご飯 … 200g(お茶碗2/3ほどを2杯分)
  • 水 … 200cc(1カップ)
  • 塩 … ひとつまみ

 

作り方

  1. 鍋にご飯と水を入れて中火にかけます。
  2. 煮立ったら少しふたをずらして弱火にして15分~20分炊きます。
  3. 火を止めてふたをしたまま5分ほど蒸らします。
  4. 出来上がったら塩を加えます。

 

残りご飯で作る場合は、時間も短く済みますから、手軽に作れますね。

七草粥は1月7日の朝に食べるものですから、寝る前にお粥モードで炊飯器をセットし、七草の下ごしらえを済ませ、朝に混ぜて食べるのも時間がかからずにできる良い方法です。

 

七草の青臭さや苦さで赤ちゃんがあまり食べない場合は

七草は普段食べている青菜と違って、青臭く、苦味もあります。

大人でも苦手な方が少なくないですから、赤ちゃんの食の進みが遅くても仕方ありません。

そんな時は、次のようにアレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • 溶き卵を入れる(きちんと加熱しましょう。また、まだ卵を食べさせていない場合は赤ちゃんの様子にご注意ください)
  • 牛乳や豆乳を使う
  • しらすを加える(離乳食の進み具合ですりつぶす、刻むなどの調理をしましょう)
  • 和風だしやコンソメで少し風味をつける
  • ニンジンやお醤油などを加えて、雑炊のようにしてもおいしいですよ。

 

スポンサーリンク

七草粥は赤ちゃんにいつから食べさせて良い?残りご飯で離乳食レシピまとめ

七草粥がいつから赤ちゃんに食べさせても良いのか、作り方のレシピに加え、残りご飯を利用したレシピも紹介しました。

七草粥は季節の食事ですから、食育も兼ねて赤ちゃんの時から食べさせてあげたいメニューですよね。

お粥ですから、いつからでも離乳食の時期から取り入れやすく、おすすめです。

 

しかし、必ず食べなくてはならないものではありませんから、様子を見ながら一口ずつあげてみましょう。

アレンジする場合は離乳食の進み具合を見て、無理なくアレンジしてください。

残りご飯や炊飯器のタイマーをかしこく使って、簡単に美味しく七草粥を楽しみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です