七草粥を食べる意味を子供 (保育園児)に簡単に分かりやすく伝えるには?

スポンサーリンク

お正月が終わってから食べる七草粥。

いつも1月7日に食べているけど、子供に「七草粥って何?」「どうして食べるの?」と改めて聞かれて困っている方はいませんか?

そこで今回は保育園児にもわかるよう、七草粥の意味を簡単に分かりやすく伝えるためのアイデアを紹介します。

保育園児の子供にも分かりやすく簡単に意味を伝えることで、季節の行事への理解がまたひとつ深まりますよ。

スポンサーリンク

七草粥を食べる意味は?そもそもどうして食べるの?

七草粥はどうして1月7日に食べるの?~人日(じんじつ)のおはなし~

「五節句」という言葉をご存知でしょうか。もともとは中国の暦で定められた季節の変わり目のことです。五節句には以下のようなものがあります。

  • 1月7日 人日(じんじつ)
  • 3月3日 上巳(じょうし)
  • 5月5日 端午(たんご)
  • 7月7日 七夕(しちせき)
  • 9月9日 重陽(ちょうよう)

中国古来の習慣とはいえ、端午や七夕など、今の日本でもおなじみの節句がありますね。

 

さて、その中で七草粥を食べるのが「人日の節句」である1月7日です。

人日の節句は文字通り「人の日」で、この日に人々が無病息災、五穀豊穣を願って食べる料理が七草粥なのです。

現在は、季節の変わり目というよりは、お正月の生活から日常に戻るひとつの区切りになっていますね。

 

七草粥を食べるようになった由来は?春の七草ってなに?

人日の節句に、中国では人々の無病息災や五穀豊穣を願って7種類の野草を入れた汁物を飲む風習がありました。

一方、日本ではもともと平安時代から新年に芽吹いた若草を摘んで食べる風習がありました。

雪の下で芽吹く若菜の生命力を取り入れようという習慣でしたが、中国のそれと結びつき「七草粥」を食べる習慣になったといいます。

 

春の七草の意味

では、「春の七草」すべて言えるでしょうか。

それぞれに意味があり、難しく感じるかもしれませんが、意外とダジャレのように意味をかけているものも多いですから、覚えてみてくださいね。

  • 芹(セリ)「競り勝つ」ビタミンが豊富
  • 薺(ナズナ)「撫でて汚れを取り除く」目の充血を軽減
  • 御形(ゴギョウ)「仏様の体」利尿作用がある
  • 繁縷(ハコベラ)「繁栄がはびこる」歯槽膿漏の予防に
  • 仏の座(ホトケノザ)「仏の安座」鎮痛作用がある
  • 菘(スズナ)「神を呼ぶ鈴」ビタミンが豊富で肌によい
  • 蘿蔔(スズシロ)「汚れのない清白」せきやたん、のどの痛みを軽減

 

現在では、それぞれの薬効で暴飲暴食が続いたお正月の胃腸の調子を整える役目も果たしてくれていますね。

ちなみに、「秋の七草」も存在します。

こちらは食べるためのものではなく、鑑賞するのにきれいな花が選ばれています。

 

スポンサーリンク

七草粥を食べる意味を子供(保育園児)に簡単に分かりやすく伝える方法!

では、保育園児の子に七草粥を食べる意味についてわかりやすく伝えるにはどうしたらよいのでしょうか。

大人でも知っている人が少ない五節句について触れるのは、少し難しいかもしれませんね。

 

1月7日という日にちについては、簡単に1月7日はお正月が終わって、日常の生活に戻る日であることという分かりやすくした説明でかまいません。

端午の節句などの折りに「節句ってなに?」と聞かれたとき、人日の節句についてもお話しできたらいいですね。

 

七草粥については七草が雪の下で頑張って生えてきた頑張り屋さんの草であること、それらをお粥にして食べることで、その力を分けてもらおうとしている、と簡単に伝えるのはどうでしょうか。

実際に自宅で七草粥を作るときは、春の七草がセットになって売られているものを使用することがほとんどではないでしょうか。

 

それらを実際に見せて「やさしい緑色だね」、触らせて「柔らかい葉っぱだね」、匂いをかがせて「春の匂いだね」と感じさせるのも良いでしょう。

緑色の野菜が苦手な子供もいるかと思いますが、「お正月の間は好きなものを好きなだけ食べてしまったから、お腹を元気にするために、緑色の野菜の力を借りようね」と伝えるのもひとつの方法です。

 

毎年七草粥を食べる時、その意味について分かりやすく触れていると保育園児の子供でも理解してくれるようになりますから、季節の行事は毎年繰り返して体験させるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

七草粥を食べる意味を子供 (保育園児)に簡単に分かりやすく伝える方法まとめ

七草粥を食べる意味を保育園児の子供に分かりやすく伝えるアイデアをご紹介しました。

日本の季節の行事は、中国から伝わってきた歴史がありますが、それを保育園児の子供に伝えることはなかなか難しいでしょう。

 

ですから、七草粥について話す場合はお正月が終わる節目、みんなが元気で過ごせるように願いを込めて食べている、と簡単に話すと分かりやすくてよく伝わります。

食事を通じて日本の文化を学ぶ機会があると世界で活躍する際に大いに役立ちます。

 

まずは日本の季節の行事に興味を持ってもらえるよう、意味を簡単に楽しく優しく伝えていくことが大切ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です