お月見(十五夜)のお供え物の意味や並べ方は?子供との楽しみ方も!

スポンサーリンク

「子育て中は季節の催しを大切にしたい」そう思っているママも多いのではないでしょうか。

でも、ひなまつりや子どもの日と違って、お月見っていったい何をする日なのでしょう。

お月見(十五夜)のお供え物の意味や並べ方も気になるところです。そして、お月見(十五夜)の子供との楽しみ方も知りたい!

そこで今回は、お月見(十五夜)のお供え物の意味や並べ方は?子供との楽しみ方をご紹介します!

今年の十五夜はいつもと違うお月見をしてみませんか?

 

スポンサーリンク

お月見(十五夜)のお供え物の意味や並べ方は?

お月見といえばお団子やススキを思い浮かべる方は多いと思いますが、その他に何かを思い浮かべる方は少ないのではないでしょうか。

お団子やススキはもちろん、お月見に欠かせないお供え物を紹介します。

 

たくさん積んであるお団子、実は個数が決まっていた!

お月見といえば、お月見団子は外せません。

なんとなくピラミッド状に積んであるお団子を目にしたことのある方も多いのではないでしょうか?

 

実はあのピラミッドのお団子は個数が決まっているのをご存知でしたでしょうか。

お月見は旧暦の8月15日(現在では9月7日~10月8日の間の満月の日)に行われ、その年の農作物の実りを祈念するとともに収穫を感謝するお祭りとして親しまれています。

 

日付の15日に由来して、15個のお団子を積み上げることが一般的です。

一番下には3個×3個、二段目には2個×2個、一番上は2つ並べます。

 

一番上の2つのお団子の並べ方も、正面から見て前後に並べると神様の行事「神事」、横並びに並べると仏教の行事「仏事」となります。

また、1年のうちに満月になる回数に合わせてお団子の個数を決めるという説もあります。

 

旧暦では、1年に12回、うるう年では1年に13回の満月があるので、お団子の数を12個(うるう年は13個)お供えするのです。

地域や家庭での習慣に合わせるのが良いでしょう。

 

ススキをお供えするのには意味がある

ススキは稲穂に似ていることから、これから収穫する稲穂に見立てているという説一般的です。

すでに収穫した稲穂がある場合は、それらをお供えすることもあります。

 

また、ススキはその切り口の鋭さから、魔よけの意味があるとも言われています。

お月見・十五夜でお供えしたススキを家の軒先(のきさき)に吊るしておくことで、一年間病気をせず健康でいられるという言い伝えもあります。

 

ススキは秋の七草のひとつでもあります。

無病息災を願う春の七草とは違い、秋の七草は眺めて楽しむきれいな花ばかりですから、お月見の際に一緒に飾るのも華やかでおすすめです。

 

お月見の時、お団子とススキの他にお供えするもの

お月見が庶民の間で盛んに行われるようになった頃、多く食べられていたものは芋類でした。

そこで、里芋やさつまいもをお供えすることもあります。

そこから転じてお月見のことを「芋名月」と呼ぶ地域もあります。

普通のお月見団子は月に似せた丸い形をしているといわれていますが、里芋に似せた細長い形のものや、細長い形にあんこを巻いたものもあります。

 

あんこは月にかかる雲を表しています。

お月見が収穫を祈念したり、感謝したりする行事であることから考えたら、身の回りのお野菜を一緒にお供えするのもひとつの方法ですね。

 

スポンサーリンク

お月見(十五夜)の子供との楽しみ方は?

十五夜の日は、月が出る前から子供と準備をすると気分も盛り上がり楽しいものになるはずです。

夜になってから月を眺めるだけではなく、ススキや野の草花を摘みに出かけた先で「ススキは稲穂に似ているんだよ」とお話ししたり、お月見団子を一緒に作りながら「お月様みたいに真ん丸に丸めるんだよ」と手を動かしたりするのも楽しそうですね。

 

スポンサーリンク

お月見(十五夜)を楽しむ時の服装は?

お月見に特に決まった服装はありません。

日本古来の風習なので、「観月会」などで着物を着る方はいらっしゃるかもしれませんが、秋も深まる頃ですので、浴衣などはふさわしくありません。

 

月とうさぎをモチーフにした和装小物はたくさんあります。

帯や半襟など、本当に着物を着る方じゃないと親しみにくいものもありますが、かんざしや髪留めなどで月とうさぎのモチーフが入ったものも数多くありますから、服装の中に取り入れてみるとおしゃれですね。

夜の外出は冷え込む時期です。

子供に風邪をひかせないよう、一枚多く持ち歩くようにしましょう。

 

お月見(十五夜)のお供え物の意味や並べ方・子供との楽しみ方まとめ

「神様にお供えをして農作物の豊穣を祈るなんて、堅苦しい」と思ったりする場合もありますよね。

でも、ススキの周りに生えている身近な花を一緒に飾ったり、ヘアアクセサリーで雰囲気を出したりすることで、日常の中に取り入れやすい行事に感じられますよ。

お供え物の意味や並べ方も、子供と一緒に話しながらお月見をすることで、身近に感じられるものです。

ご家庭ごとに取り入れやすい楽しみ方でお月見の夜を過ごしてくださいね。

 

『お月見・十五夜』の関連記事はこちら

お月見うさぎの餅つきの由来は?子供に分かりやすく理由を説明してみた!

2019年のお月見はいつ?何月何日?十五夜の由来や団子の意味も!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です