七五三の親の服装は?着物?ママはスーツやワンピースでもいいの?

スポンサーリンク

子供が七五三の場合、まず頭に浮かぶのは、子供の着物のことではないでょうか?

 

子供の着物はバッチリ準備していても、そういえば、「七五三の親の服装ってどうしたらいいんだろう?」って悩みませんか?

「七五三の親の正式な服装って何だろう?」「やっぱり着物がいいの?」「スーツだったらどんなものならOKなんだろう?」「ワンピースでもいいのかな?」とかありますよね。

 

子供の大切な七五三だからこそ、マナーを守って品のある服装で出掛けたいと思いませんか?

そこで、今回は、七五三の親の服装は?着物?ママはスーツやワンピースでもいいの?について記事を書きたいと思います。

 

では、さっそくいきましょう。

 

スポンサーリンク

七五三の親の服装は?正式な服装とか決まりはあるの?

七五三で親の服装はこれを着るべきという決まりはありません

 

ですが、七五三は子供の大切なお祝いの日であり、神社にお参りをすることから、TPOはしっかりとわきまえたいものです。

七五三の親の服装で、心がけたいことは、TPOはもちろんのこと、「子供が主役」ということです。

 

子供よりも派手にならないようにすることが大切です。

もちろん、普段着はやめましょう。

 

 

スポンサーリンク

七五三のママの服装は着物?それともスーツ?

神社に七五三のお参りに行くと、着物を着ているママもいれば、スーツのママもいます。

 

このように、七五三のママの服装は、着物と洋服で大きく2つに分かれています。

七五三のママの服装は、「着物」でも「洋服」でもどちらでもかまいません。ただし、これは七五三を迎える子供が「着物」を着る場合です。

 

よって、ママは「スーツ」でももちろんOKです。

 

七五三の子供が洋服の場合は、ママの着物はやめましょう。

 

ママが着物にした理由は、

 

  • 「子供と一緒に着物を着る機会はなかなか無いから」
  • 「子供の大切な七五三だから、着物を着たい」
  • 「着物を持っており、お姑さんからもったいないから着なさいと言われた」
  • 「子供の着物と一緒にレンタルしたから」

 

という意見が多かったです。

 

 

一方、ママが洋服にした理由は、

 

  • 「洋服の方がスムーズに準備できる」
  • 「洋服を七五三で一つ新調すれば、子供の入園・卒園式、小学校の入学式にも着れる」
  • 「子供がぐずったり脱走しても、動きやすいから安心」
  • 「下の子に授乳中だから」

 

などの意見が多かったです。

 

 

家庭の事情やママがどうしたいかによって、着物か洋服に分かれているようですね。

七五三の親の服装には決まりがないので、やはりご家庭の事情やママがどうしたいかによって、着物にするか洋服にするかを決めるのが一番良いです!

 

ただし、スーツでも、パンツスーツについては、意見が分かれています。

「神社でお参りするのに、女性のパンツスタイルは良くないのでは?」という声です。

 

ですが、今の時代、そこまでこだわらなくても、普段着でなく、正装として品のあるパンツスーツであれば問題ありません。

 

あかりね
私の場合は、長女が3歳の七五三の時、下の子が授乳中だったため、授乳口の付いた紺色のフォーマルワンピースにセットの白のジャケットを着ていきました。

当時3歳の長女も、神社の長い砂利道に歩き疲れてしまい、ぐずって抱っこなんてことも・・・。

 

よって、私の場合は、フォーマルワンピースで動きやすく良かったです。

しかし、やはり七五三の記念に着物を着たい気持ちもあるので、長女の7歳の七五三には一緒に着物を着たいと思っています。

 

 

スポンサーリンク

七五三のママの服装はワンピースでもOK?

七五三のママの服装で、「ワンピース」ももちろんOKです。

 

 

こんな感じですね。このようなフォーマルワンピースであれば、品もあり、七五三のお参りでもバッチリです。

入園式や卒園式、小学校の入学式にも着れますね。

 

 

ただし、ワンピースでも七五三のお参りにふさわしくないものもあります。

  • パーティードレスなどの華やか過ぎる服装
  • キャミソールワンピースなど肌の露出が多い服装・・・上にジャケットを羽織っていれば大丈夫です。七五三のシーズンは肌寒いのでキャミソールワンピースだけということは無さそうですね。

このような服装は、神社でお参りをする際には、避けたほうが良さそうです。

 

 

七五三の父親の服装は?

七五三の父親の服装は、たまに紋付き羽織袴の方を見かけますが、スーツが大半です。

「スーツなら家にあるし、パパはいつものビジネススーツでいいいよね!」と安心しますよね。

 

でも、ちょっと待ってくださーい!

 

ビジネススーツはもちろんOKですが、やはり「七五三」という大切な日。

 

スーツの色でオススメは、紺・グレー系のダーク色

シャツは、白ももちろんOKですが、いつものスーツより少し華やかにするために、薄いブルーや薄いピンク系、薄いクリーム色にするとスーツが映えますよ。

 

 

そして、ネクタイです。ネクタイの色によって、印象はかなり変わってきます。

ネクタイってどれにしようか結構悩みませんか?

 

大切な七五三なので、「黒のネクタイ」は喪服をイメージさせ、葬儀に使う色なので絶対にやめましょう。

そして、白や銀は、お祝いとはいえ、結婚式ではないので違和感を感じる方が多いので避けるほうが無難です。

 

また、ネクタイの定番と言えば「ストライプ柄」のネクタイではないでしょうか?

実は、こういった「ストライプ柄」を使用する際は注意が必要なんです!

このように、右肩上がりのストライプはイギリス式(アメリカ式は右下がり)で「レジメンタルストライプ」と言います。

 

「レジメンタルストライプ」の「レジメンタル」とは「連隊に属する」という意味があり、イギリスの軍旗から生まれたものなんです。

イギリスでは軍隊を除隊すると、こういった「レジメンタルストライプ柄」のネクタイを付けるという風習がありました。

 

よって、「レジメンタルストライプ柄」のネクタイを付けていることによって、人によっては「連隊」をイメージさせてしまう訳です。

よって、ビジネスの商談の際には特に注意が必要と言われています。

 

見る人によっては悪印象を与えてしまうといった感じでしょうか? でも、こういった意味があるということを知らないより知っていた方が安心ですよね!

よって、七五三のというお祝いでは、「レジメンタルストライプ柄」は避けるほうが無難です。

 

 

また、「ロゴ」や「アニマル柄」、「キャラクター柄」などは、かなり個性的になるので、神社という神聖な場所でもあることから、よほどのこだわりが無ければやめておいたほうがよいでしょう。

 

 

七五三のネクタイの色としてオススメなのは、お祝いをイメージさせる赤系「ボルドー色(エンジ色)」です。

写真映えもするので良いですね!

 

ネクタイの柄としては、「ペイズリー柄」や「ドット(水玉)柄」がオススメです。

 

 

ボルドー色の「ペイズリー柄」はこんな感じ・・・。

 

 

 

ボルドー色のドット(水玉)柄はこんな感じ・・・。

 

 

とは言え、現在の七五三のお参りの服装は昔とは違い、そこまで格式張っていません。

 

本来であれば、礼服が一番の正装ではありますが、礼服で七五三に来られるパパはかなり少なく、ビジネススーツの方が一般的です。

よって、もちろんネクタイの黒だけは避けたいですが、ご自分ができる範囲での正装を心がけるのが良いでしょう。

 

あかりね
おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に七五三のお参りをされる場合は、お姑さんに聞くといいですよ。

 

 

七五三の親の服装はバランスが大事!

七五三の親の服装は、まず七五三を迎える子供を主役とし、親は脇役でいることを心がけましょう。

 

主役である七五三の子供を引き立ててあげましょう。

 

七五三の子供が着物であれば、

  • 親であるパパは羽織袴、ママも着物
  • パパがスーツ、ママは着物
  • パパがスーツ、ママもスーツまたはフォーマルワンピース

が良いでしょう。

 

 

七五三の子供が洋服であれば、

  • パパはスーツ、ママはスーツまたはフォーマルワンピース

が良いでしょう。

 

七五三を迎える子に、上の子や下の子がいる場合は、その子供たちの服装もカジュアルすぎずに、家族全員のバランスの良い服装を心がけましょう

 

 

七五三の親の服装まとめ

今回は、七五三の親の服装は?着物?ママはスーツやワンピースでもいいの?について記事を書きました。

七五三の親の服装って迷いますよね。

 

でも、一番は七五三を迎える子供が主役なので、主役の子供に合わせて家族の服装がバランス良く、品がある服装であればそこまで心配しなくても大丈夫です。

 

子供の大切な七五三の日。

ご家族の素敵な一日となりますように・・・。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい記事

七五三っていつお参りするの?男の子・女の子の年齢は?早生まれは?

【七五三の着物】3歳の女の子用を格安でネット購入した結果!?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です