戸田恵梨香ドラマ2018『大恋愛〜僕を忘れる君と』キャスト役柄を分かりやすく!

スポンサーリンク

戸田恵梨香さん主演ドラマ2018秋『大恋愛〜僕を忘れる君と』が、いよいよ10月よりスタートします。

 

主演の戸田恵梨香さんのドラマの恋愛相手は、ムロツヨシさんです。ちょっと面白い組み合わせだと思ったのは私だけでしょうか?

そして、他にはどのようなキャストが揃っているのか?また詳しい役柄も気になるところです。

 

そこで今回は、戸田恵梨香ドラマ2018秋『大恋愛〜僕を忘れる君と』キャスト役柄を分かりやすく!一覧まとめてみました。

では、さっそくいきましょう。

 

 

スポンサーリンク

戸田恵梨香ドラマ2018『大恋愛〜僕を忘れる君と』キャストと役柄一覧!

主演の戸田恵梨香さんをはじめに、キャストと役柄を分かりやすくまとめてみました。

 

【KITAレディースクリニック・・・北澤尚の母親が院長を務めるクリニック】

主役: 北澤 尚(きたざわ なお)34歳・・・戸田恵梨香

 

View this post on Instagram

 

dairenai_tbsさん(@dairenai_tbs)がシェアした投稿

母親が院長を務めている産婦人科「KITAレディースクリニック」で産婦人科医として働いている。

婚約者み居ながら、ある日、若年性アルツハイマー病に侵されてしまう。

 

戸田恵梨香演じる北澤尚は、学生時代から女子高で、その後は女子医大に進学し、常に女性に囲まれて勉強など日々忙しくしていた。

美人な尚に惹かれて、言い寄ってくる男性はいて、多少の交際経験はあるものの、恋愛にのめり込んだことは一度もない、ドライな性格を持つ。

 

尚は、34歳になって、本気でそろそろ結婚することを考え始めた。

そして、母親や教授、また、世話好きなクリニックの患者さんにまで自分の縁談の相談を持ちかけ、大学医学部で次期准教授の井原侑市という最高の条件相手と見合いをすることになる。

 

尚は、侑市に合ってみて、特に恋愛感情は感じなかった。しかし、侑市は頭脳明晰で容姿端麗で尚にとって、侑市のDNAは申し分ない。

尚は、侑市そのものではなく、侑市のDNA魅力を感じて、侑市と仲良く暮らしていけるだろうと婚約をする。

 

結婚式まであと1か月という頃、結婚に向けた尚の引っ越しをしていた。尚の荷物が侑市のマンションに運び込まれるのだ。

その荷物の運搬を担当した引っ越し屋は、何とも不愛想な人間だった。

 

そんな不愛想で、尚にとって全然タイプではないのに、尚はその不愛想な引っ越し屋である間宮真司に一瞬にして恋に落ちてしまった。

 

尚は、真司と居ると、本当に心から笑顔でいることができ、自然体でいられた。

尚は、婚約者 侑市が引き留めても全く聞かず、そして尚の母親がいくら反対しても全く耳を貸さなかった。

 

そして、その頃からだんだんと尚の記憶がおかしくなっていく。

そして、ある日、尚が若年性アルツハイマー病を発症していることが判明する。

 

 

北澤 薫(きたざわ かおる)・・・草刈民代


出典:http://tuttataka.com/kusakaritomiyo-

北澤尚の母親で、KITAレディースクリニックの院長であり、産婦人科医。クリニックの凄腕経営者でもある。

 

草刈民代演じる北澤薫は、夫を早くに亡くし、女手一つで娘の尚を育てた。

「KITAレディースクリニック」は、以前は、一般的なごく普通の産婦人科だったが、更年期のホルモン補充療法に特化したクリニックとしてリューアルさせたことにより、クリニックは大成功し、経営も上手くいっている。

 

娘の尚が、引っ越し屋の真司に対して一直線に突っ走ってしまったことを知り、真司との中を大反対する。

親としては、真司とは学歴や教養も全く違う。そして、育った環境も違いすぎるから・・・。

 

でも、尚はそんな親の言うことは全く聞かない。

そして、ある日、尚がアルツハイマー病ということが判明し、アルツハイマー病に侵されていく娘を懸命に支えていく。

 

 

沢田 柚香(さわだ ゆずか)・・・黒川智花

 

View this post on Instagram

 

黒川智花さん(@tomoka_kurokawa_official)がシェアした投稿

「KITAレディースクリニック」受付。バツイチで子持ち。尚の親友であり相談相手。

 

黒川智花演じる沢田柚香は、尚と小学校から高校まで同じ学校だった親友。

柚香が離婚して、職探しに困っている時に、尚から誘ってもらい「KITAレディースクリニック」の受付で働いている。

 

 

石田ミル( いしだ みる)・・・小篠恵奈

 

View this post on Instagram

 

小篠恵奈さん(@koshino_ena)がシェアした投稿

「KITAレディースクリニック」受付

 

「KITAレディースクリニック」の受付として働いているが、いかにもイマドキ女子といった女。

 

 

【引っ越し屋のバイト仲間】

間宮 真司(まみや しんじ)・・・ムロツヨシ

 

View this post on Instagram

 

chinatsuさん(@mitsuki1214_mayu0216)がシェアした投稿

元作家で、引っ越し屋のアルバイト

 

ムロツヨシ演じる間宮真司には、さみしい過去がある。

 

真司は、生まれてすぐ親に捨てられてしまった。よって親の名前を知らないまま育った。

真司が捨てられていた神社の宮司の苗字が「間宮」だったことから、真司の苗字は間宮として養護施設が真司の戸籍を作ったのだ。

 

養護施設で真司は大切に育てられたものの、やはり親の愛情を全く知らない真司にとっては、人を愛するということが分からず、人を愛しづらい人間となってしまった。

ただ、真司の話は面白いことから、女性からは意外とモテたりする。だからそんな真司でも交際経験はあるのだ。

 

しかし、人を信じることが出来ないため、心から本気で恋愛関係に至ったことは一度もない。

真司は、定時制高校を卒業すると、いろんな職業を転々とし、真司の生い立ちからくる独特な感性を活かし小説を書き始める。

 

21歳の時に「砂にまみれたアンジェリカ」で新人賞を受賞したことで、小説はベスセラーとなり、マスコミからはもてはやされていた。

しかし、二作目にミステリー小説を書くと、今度は、あまりにも評判が悪く、小説も全く売れずに終わった。真司の名は、世間から次第に忘れ去られてしまった。

 

ある日、真司が引っ越し屋のアルバイトで向かった先は、結婚準備を進めていた尚の家だった。

尚は、真司の小説が大好きで、小説の一部を声にできるほど。

 

真司は、そんな尚に出会い、真司も尚に恋をしてしまう。

そして、尚という存在が真司にとって、再び小説家としての才能を呼び起こしていく。

 

 

 

木村 明男(きむら あきお)・・・富澤たけし(サンドウィッチマン)

 

View this post on Instagram

 

TMFCさん(@tmfc_ltd)がシェアした投稿

真司が働く引っ越し屋の先輩

 

富澤たけし(サンドウィッチマン)演じる木村明男は、引っ越し会社での先輩で、真司とは長い付き合いになる。

真司とはアウンの呼吸のため、仕事もやりやすい。

 

真司にとって、よき相談相手であり、尚との恋を応援してくれている。

ちょっと不思議で、なんでもお見通しといった人間。

 

時々予言ぽいことを言う。

 

 

小川 翔太(おがわ しょうた)・・・杉野遥亮

 

View this post on Instagram

 

dairenai_tbsさん(@dairenai_tbs)がシェアした投稿

真司と木村と同じ引っ越し会社で働く若手スタッフ。尚の引っ越しにも立ち会っている。

 

杉野遥亮演じる小川翔太は、引っ越し会社では、真司と木村が先輩にあたり、2人のことを慕っている。

翔太は、引っ越しの現場では、真司とペアで組むことが多い。

 

木村と同じように、真司と尚のことを心から応援している。

 

 

【北澤尚の婚約者とその家族】

井原 侑市(いはら ゆういち)・・・松岡昌宏

 

View this post on Instagram

 

hotjpdrama_officialさん(@hotjpdrama_official)がシェアした投稿

尚の婚約者で、准教授となる予定のエリート精神科医

 

松岡昌宏演じる井原侑市は、現在はエリート精神科医

名の知れた有名な建築家の父と、有名なウエディングドレスデザイナーの母との間に生まれた、根っからのエリート。

 

侑市は、医学部を卒業すると、そのまま大学に残り、医局で働いていた。

しかし、5年前にワシントンの医大の研究医として派遣されたことがきっかけで、アルツハイマー病の最先端の研究に没頭する。

 

ある日、母校の教授から、母校の大学の准教授になるように日本に呼び戻された。

そして、一時帰国した際に、産婦人科医の尚と見合いをした。

 

尚は、美人で、とてもサバサバしたハッキリ物事を口にする女性。侑市にとって、そんな尚が面白くうつり、退屈もしないし、自立もしている。そして、価値観も似ていたことから、パートナーに合っていると思った。

侑市は40歳までは結婚を考えてはいなかったが、准教授にもなるし、両親も尚のことを気に入っていることから、身を固めることに決めた。

 

尚との結婚式があと1か月という時、尚から「婚約を破棄してほしい」と突然言われてしまう。

そして、ある日、尚が若年性アルツハイマー病だと判明する。侑市は尚の主治医となった。

 

そんな中、尚に対する本当の自分の気持ちに侑市は気付く。そして、侑市の思いは真司の心まで乱されてしまう。

 

 

井原 千賀子(いはら ちかこ)・・・夏樹陽子

 

View this post on Instagram

 

narumi aseiさん(@aseienjoy)がシェアした投稿

井原侑市の母親、ウエディングドレスデザイナーで、ドレス店の経営も行う

 

夏樹陽子演じる井原千賀子は、セレブ御用達のウエディングドレス店と、リーズナブルなウエディングドレス店との両方を経営しつつ、デザイナーとしても活躍している。

夫は、有名建築家。そんな2人の間に生まれた一人息子である侑市のことを溺愛している。

 

侑市の婚約者となる尚は、優秀な女医でもあり、美人で人柄も良いことから親として大変気に入っていた。

しかし、尚のアルツハイマー病のことを知ってからは、侑市には尚との縁を切ってもらいたいと願っている。

 

 

井原 誠一郎(いはら せいいちろう)・・・橋爪淳

 

View this post on Instagram

 

いしいももこさん(@mjmoco)がシェアした投稿

井原侑一の父親、有名な建築家

 

橋爪淳演じる井原誠一郎は、有名建築家ではあるが、ウエディングドレスデザイナーの妻 千賀子の方が強く、押され気味である。

 

 

戸田恵梨香ドラマ2018秋『大恋愛〜僕を忘れる君と』の詳しいあらすじを見る!

『2018秋ドラマ一覧』新ドラマ(10月期)「あらすじ」総まとめ!

 

戸田恵梨香ドラマ2018秋『大恋愛〜僕を忘れる君と』の期待度&オススメ度は第何位?

【2018秋ドラマ】期待度とオススメは?ランキング形式で発表!

 

 

スポンサーリンク

戸田恵梨香ドラマ2018秋『大恋愛〜僕を忘れる君と』キャスト役柄まとめ

今回は、戸田恵梨香ドラマ2018秋『大恋愛〜僕を忘れる君と』キャスト役柄を分かりやすく!について記事を書きました。

 

主演の戸田恵梨香さんをはじめ、ムロツヨシさん、松岡昌宏さん、草刈民代さんなど、豪華キャストが勢ぞろいしています。

中でも、尚の婚約者を演じるのが松岡昌宏さんということで、熱い精神科医になるイメージも・・・。

 

戸田恵梨香ドラマ2018秋『大恋愛〜僕を忘れる君と』のキャストや詳しい役柄を知って、ドラマ視聴の参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

あわせて読みたい記事

『2018秋ドラマ一覧』新ドラマ(10月期)「あらすじ」総まとめ!

【2018秋ドラマ】期待度とオススメは?ランキング形式で発表!

ガッキードラマ2018秋!新垣結衣『獣になれない私たち』キャストと役柄を詳しく!

2018秋ドラマ!米倉涼子『リーガルV』キャスト一覧!役柄や画像まで!

スペシャルドラマ【2018秋】米倉涼子『ドクターX復刻版』放送ヤバイ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です